10/14「発達障害に制限されない働き方セッションin 原宿」申し込みはコチラから!
あなたには、
あなたの感じ方がある。
ありのままで生きるために「発達障害の感じ方」を知ろう。
その他

自己肯定感なんか貴方の可能性に1ミリも影響しないと言いきってみるヤツ

どうもNEIです。

 

よく色んなところで

「自己肯定感」を高めていこう!

みたいなことを聞くんですけど、

 

私はそもそも

自己肯定感なんか意識させられてる

こと自体があまり意味ないというか、

むしろ弊害があるんじゃないかとすら

思うんですよね。

 

こんな斬り込んだこと言っちゃうとまた、

頑張って自己肯定感を高めている人とか、

そのサポートをしているカウンセラーの人とかに失礼ですよやめてください

とか言われちゃうわけですけど、

まあそこが一個人のブログというメディアの

強みというかw

 

ある程度めちゃくちゃなこと言ったって、

「気に要らないなら読まなければいい」

と言い切れちゃうんですよね。

 

とはいえ、

頑張っている人たちを傷つけるなんていうことは

私的に自分の運気を下げまくる行為だと

認識してるのでそんなことはしませんけども。

 

ただ、言わなければならないと思ったことは

多少痛みを伴おうとも言いきる必要があります。

 

「頑張ってるのに申し訳ないな・・」

 

なんて思って、傷つけないように、

腫れものに触れないように、

風船みたいに扱われたら

 

私だったら逆に悲しい

 

ので。

というわけで、

ここから先は、

メンターとかカウンセラーとか医師的な人に

 

『「自己肯定感」を上げないといけませんね』

 

なんて言われて、逆に

 

「私って自己肯定感低過ぎて終わってる・・・」

 

なんて自己否定してしまう人に向けて書いていきます。

 

もちろんご批判などは参考にさせて頂くので、

いつでもメールしてください。

 

 

 

「自分」って何?

 

いきなし哲学みたいな問いをしちゃって

申し訳ないんですけど、

 

自分って何?

 

っていうことを話したいと思います。

 

今回は、わかりやすくするために

自分の捉え方を大きく2つに分け、

お話していきたいと思います。

 

わかりやすくそうしてみただけなので、

もちろんこの2つの間の子とか、3つ目とかの考え方も

あるとは思いますが。

 

私が自分というものをどう捉えているか、

(どう捉えようとしているか)を

先に言っちゃうと、

 

自分の可能性=自分

 

やと思ってる(思おうと心がけてる)んですよね。

 

「自分の可能性」っていうのは、

この先、未来に自分が何をできるか、

実現、達成できるかをあらわしたものです。

 

とか、目標とか、

そういうヤツですね。そういうとなんか私的に

安っぽくてイヤなんですけども。

でも大体そうなんで仕方ありませんw

 

その反対に、「現状の自分」を

自分であると捉えている人もいます。ていうか大半そうです。

現状の自分っていうのは、未来の可能性は関係なく

今、「現時点で達成できている」ことやモノのことです。

 

今の年収とか、

今の友達人数とか、

今のモテ度とか、

今のフォロワー数とか、

今の売上とか、

今もってる資格とか、

今の体力とか、

今までの経験とか。

 

①自分の可能性と、②現在の自分

のどちらの方をリアルに

「これが自分や!!」

と感じているか

 

っていうのが、

「自己肯定感」うんぬんの前に

超絶に重要です。

 

私が今日言いたいのは、

 

現在の自分なんかについての

捉え方なんてどうでもええやないですか!

 

ってことになります。

つまり、

 

現在の自分について肯定しようが否定しようが

なんでもかまわへんがな・・・

 

ってことを全力でお伝えする回となっております。

 

はい、

同じこと違う関西弁で2回言いましたw

 

もっかい言うと、

 

今現在の自分のあり方なんていうもんは、

未来の自分の可能性とは何の関係もおまへんがな!!

 

(※NEIは普段こんなベタベタな関西弁は使いませんw)

 

何回言うねん!っていうツッコミを心の中で

して頂いたところで、話を進めますが、

 

自己肯定感が高かろうが、低かろうが

それは「現在の自分」に対しての話です。

ちょっとやってみればわかってもらえると

思うんですけど、

「10年後自分がどうなっているか」

想像してみてください。

 

「10年後自分がどうなっているか」に対して、

そもそも否定なんてしたくないじゃないですか。

「10年後の自分は恐らくショボいだろうな・・・」

と否定したくなるという人もいますが、

 

そういう人は実は

 

・「現在の自分」と「自分の可能性」を切り離して考えていません。

 

 

「現在の自分」の延長線上に自分の可能性も

配置しちゃってるんです。

 

わかりにくいので恒例の、雑なペイントの図を持ちだしましょう。

 

この図を説明します。

この図を見て、今回の図は割とキレイな方やなと思った貴方は

このブログの古参読者の方ですね。

いつもありがとうございますw

 

この図ハッキリ言って、私の発信において核(コア)というくらい

大事なモノです。今後もたびたび登場してくるヤツです。

カウンセリングやらなんやらで言われてることを

革命的にひっくり返す図やと思ってますんで、

ぜひ頭に入れて欲しいんですよね。

 

そうすれば、「自己肯定感」に捉われることの

無意味さっていうのが鮮明に理解できると思います。

 

それでは図の解説です。

 

まず黒い横線は時間軸です。

⇒(みぎ)へ行くほど時間が未来になっていきます。

 

そして、水色の線がこれまで自分が歩んできた軌跡ですね。

どういう風に成長してきたかというのを主観的に

振りかえったときの傾き=上ってきた感です。

 

この傾きというのは、自己肯定感に比例して

大きくなります。

 

今までやってきたことがどんなに人に認められていようが、

認められてなかろうが、

自己肯定感次第で傾きが大きくもなれば小さくもなるんです。

 

『俺はスゴイ!』と思ってれば傾きが急になるし、

『俺なんて・・・』と思ってれば緩やかな坂になりますよね。

 

まあ正確に言いだすと、

「俺はスゴイ!」って思ってても自己肯定感が鬼低い・・

みたいなパターンもあるんですけど、

潜在意識だのについて話し出すと

5000字はくだらなくなるんで割愛します。

 

 

そしてそこから続いているグレーの線は未来予想線です。

あくまでも今までを参考にした、予想線です。

「まあ10年後の俺なら、大体この辺にいるんだろうなぁ・・・」

っていう感じですね。

ポイントとしては、

このグレーの線の傾きは「自己肯定感」に比例します。

客観的実績や客観的達成(年収とかなんとか)には比例しません。

あくまでも「自己肯定感」に比例します。

ここは後で解説しますね。

 

で、横軸に10年後という点を打ちましたが、

『50年後』でも、『死ぬ間際』でもなんでもよかったんですが、

とりあえずこの10年後っていうのは”未来のある時点”

だと思ってください。

 

図の解説は大体こんな感じですかね。

ここから、この図の凄いところを解説していきますね。

 

 

『可能性を延長線から切り離す』

 

で、10年後の垂直真上にA点B点というのをプロット(打ち込む)しました。

 

B点は見て分かる通り、

「自分が今までを振り返ったときに

感じるのぼり方に基づいて、その延長線上の、

妥当と思われるポイントに未来の自分の可能性を想定している」

というわけです。

 

「今までこんなもんだったし、これからもこんなもんで

進んでいくんだろう。だから10年後はまあこんなくらいだろう。」

 

という風な考え方というか、当たり前の予測ですね。

 

 

『自己肯定感の効果』

 

この図で分かりにくいのが

「自己肯定感」=傾き

の部分ですね。

 

なので、詳しく説明したいんですが、

分かりにくいので例を出しながら説明します。

小学生レベルの計算も入ってくるので、

少し面倒かもしれませんがついてきてくださいw

 

 

ミュージシャンの例を考えます。

現在2017年末までに、

CDを累計20万枚売りあげたミュージシャンNEI

がいたとしましょうか。

(ちなみにNEIはYouTube聞きながら小躍りするくらい

しかできませんw)

 

NEIがデビューしたのが2012年だとしたら、

2017-2012=5なので、

5年間20万枚売れたわけですね。

なので、20÷5=4という簡単な割り算をして、

1年で4万枚売れたということです。

 

なので、このまま比例していくとすれば

4万枚×10年=40万枚

 

つまり、10年後の自分は

20万枚(2017年末までに売れた数)+40万枚(この先10年で売れる数)=60万枚

売れるハズ、という予測が可能となります。

 

これが売上に基づき、

普通に計算して出せる「10年後の可能性」になります。

つまり、10年後のミュージシャンNEIは

CD累計60万枚を売り上げたミュージシャンNEI

になってるはずだ、と標準的な数値ベース、計算ベースで

考えればそうなります。

客観的に見た「自分の可能性」ですね。

 

でもA点B点もこの客観的に見た「自分の可能性」ではないわけです。

 

A点は、私が一番この記事で言いたいぶっとんだ部分なので、

後で触れましょう。

先にBから説明します。

 

B点は、これまでの延長線上にある「自分の可能性」なわけですが、

先ほど説明した、客観的に計算で割り出せるようなモノとはまた違うわけです。

なぜなら「傾き」の要素が加わっているからです。

傾き=自己肯定感 とさせて頂いておりますが、

理解できますでしょうか?

 

もちろん、わかりやすいようにここも数字を使って

説明させて頂きますゆえご安心ください。

 

ミュージシャンNEIの累計売上枚数は先ほどと変わりません。

20万枚で、1年換算すると4万枚です。

しかし、自己肯定感が高い場合と、低い場合で、

B点の位置=「自分の可能性」は大きく変動します。

それぞれの場合について具体的に解説します。

 

(1)自己肯定感が高い場合

自己肯定感高い系のNEI「俺はデビューから5年で20万枚売り上げた」

自己肯定感高い系のNEI「でも1年目なんてほぼ知名度がないわけだから、

売上は1年ごとにぐんぐん伸びていくハズだ」

自己肯定感高い系のNEI「これからコネクションも増えるし、

俺の技術もどんどん磨かれていくんだから

これまでの売上をさらに伸ばし続けていくだろう」

このように、考えてしまう、

自己肯定感高い系のNEIは、

1年ごとに売り上げが倍になると考えました。

完全に調子に乗っています。

 

1年に4万枚が次の年は8万枚、その次の年は16万枚と

増え続けていく。それが10年間続いていく・・・

つまり、

8+16+32+64+128+256+512+1024+2048+4096

8184万枚

自己肯定感高い系のNEIにとって、これまでの5年間

での売上から計算すると8184万枚は10年後に売り上げているだろう

と思えるわけですね。

もう世界的ミュージシャンですよね。

 

次は反対に、自己肯定感低い系のNEIについて

考えてみましょう。

 

(2)自己肯定感が低い場合

自己肯定感低い系のNEI「俺はデビューから5年で20万枚売り上げた」

自己肯定感低い系のNEI「でもこれまで俺が売れたのはたまたま運がよかっただけだ」

自己肯定感低い系のNEI「俺は才能もないし、若いときの熱い想いも

年齢とともに衰え、俺の音楽を聞いてくれるファンも大人になってしまい

夢のあるミュージックからまったりした音楽へと移り行くだろう。

自己肯定感低い系のNEI「そしたら、夢とか勢い系で売れた俺の音楽を買ってくれるファンは

減り続けることになるな・・・」

一例ですけど、こんな感じですかね。

そういう思考回路をしている、自己肯定感低い系のNEI

今後10年の売上について、

「まあせいぜい売れてあと5年、売れ行きは半減していくだろう」

と考えます。売上が一年に半分になるとして、

2万枚、1万枚、5千枚・・・・という感じですね。

10年間で計算式を示すと、

2+1+0.5+0.25+0.125+0+0+0+0+0=3.875(万枚)

ここから10年で、

3万8750枚売れると考えてしまうわけですね。

つまり、この自己肯定感低い系のNEIは10年後

20万枚(今までに売り上げた枚数)+3万8750枚(この先10年で売り上げるであろう枚数)=23万8750枚(合計枚数)

となり、23万8750枚売り上げたミュージシャンNEIになっている

と考えているわけですね。

 

(1)と(2)を比べると、

8184万ー3万8750枚=8160万1250枚

となり、8160万枚以上の差になってくるわけです。

売上だけの話をしましたが、その他の要素も全て

これくらいの差が開いてくると思うとスゴイ差です。

 

忘れそうなのでもう一回挿入しときますw

 

以上が、この図における「自己肯定感=傾き」の

意味というか、理屈?の説明です。

 

さてすでに5千字を超えましたが

ここからが本番です。

 

確かに、自己肯定感を高めればこんな風に「自分の可能性」の

捉え方は全然変わってくるわけですが、

自己肯定感をはるかに超越して

さらにぶっ飛んだ自分の捉え方・・・

すなわち、

 

自分の可能性を現状の自分の延長線から切り離すヤツ

 

を紹介したいと思います。

 

「自分の可能性」を「現状の自分」の延長線上から切り離すヤツ

 

さて、ではA点の話に入っていきます。

といっても、めっちゃ簡単です。

 

図を見てもらえるとわかるわけですが、

A点は延長線のはるか上にプロットしていますよね。

もう見たまんまです。

 

要するに、

 

 

「現状の自分」は「自分の可能性」に1ミリも影響を及ぼしていない

という考え方です。捉え方というか。

 

理屈とかは何もありません。

この考え方をただ採用するのみです。

なんていうんでしょうか。

「ただ受け入れるのみである」

って感じです。

 

他人に対して、これまで私は、

NEI「まあコイツはこういう実績があり、

こういう性格だから、将来的にはこんなモンやろな・・・」

とか言うことをしてきた私ですが、

そんなことをしていた頃、ものすごく人生に行き詰まりました。

 

何が原因なのか分からず、とにかくもがき苦しんでいたわけです。

なんかどんだけ清々しい日でも曇天の下にいるような、

世界がセピア色みたいな、そんな感覚です。

 

その原因について、ものすごく偉い人の言葉を

借りてお話しします。

 

最近キリストの言葉ばっかり借りてますけど、

別に私無神教徒なんですけども、

イエスの言葉で、こんな言葉があります。

 

「自分の裁(さば)く裁きで裁かれ、

 自分の量(はか)る秤(はかり)で量り与えられる」

 

私は他者に対し、

「今現在までのソイツの軌跡がそのまま、ソイツの未来を定めてしまうだろう」

という裁きというか秤で他者を量って裁いていたわけです。

 

そして、あるきっかけで、

私のこの天秤がぶっ壊れたんです。

 

「アレ・・・?これまでの実績とか名声とか売上とか・・・

未来の可能性に何の関係もないんちゃうの・・?」

 

っていう、半分直感的閃きだったんですよね。

 

そういう言葉もこれまで山ほど聞いてきて、

なんとなく頭ではそういうことも知っていたはずなのに

全く心に沁み込んでこなかったんですよね。

 

その、「未来の可能性、現在の自分と全く関係ない説」

に思い至って以降、世界の見え方そのものも、

自分への捉え方も激変しました。

 

ぱぁーっと明るくなったというか。

誰を見ても、

「この人も無限の可能性を持ってるんだな」

「この人もあの人も、無限の可能性を秘めてるのか・・・」

という風に捉えるようになったわけです。

 

なので9割9分伝わらないと思いながらも、

こういうことをそれでも声に出して言っておく

必要があると思ったわけです。

この感覚は一人でも多くの人に味わってほしいんですよね。

なので、もう一度だけ図を見てもらいましょう。

 

 

 

このA点に、あなたも行けるんですよ。

 

 

 

ただ、このA点を設定しようとする際、

 

「自然に誰でも、いつまでも、そうできるわけではない」

 

ということが分かってきました。

 

これには一定の技術や環境、および情報が必要である

というのが現在の私の結論です。

そこをメルマガの方で補足していきますので、

まだの方は、ぜひご登録をお願いいたします。

 

 

 

まとめ

 

今回は

自己肯定感なんか人生の可能性に1ミリも影響しないと言いきってみるヤツ

ということで、「自己肯定感」が高かろうが低かろうが、

それを意識してる時点で

あなたはこれまでの「延長線上」にいるという話をしました。

 

今回の考え方を採用するもしないももちろん

好きにして頂いて構いません。

ただ、そういう考え方もあるよ、

私はそう考えた瞬間解放されたよ、

ということをお伝えしたかったわけですね。

 

今回は以上、なんですが、

 

最後に少しだけ、「赤ちゃん生まれたときの祝福」

の話をさせてください。

 

赤ん坊の誕生を祝福する気持ちとはなんなのか?

 

親戚のうちに赤ちゃんが生まれました。

この赤ちゃんの現状は能力ほぼゼロです。

腹が減ったり不快になったら泣くくらいしかできません。

でも家族全体がこの赤ちゃんの誕生を祝福していますよね。

これは何を祝福してるのかというと、

 

赤ちゃんの可能性

 

やと思うんですよね。

「現状の赤ちゃん」とか、何もできない、

ただのちっちゃい人間ですからね。

 

まあ確かにそのままでもかわいいのかもしれませんけど、

子犬とか子猫とか子アザラシとかのかわいさと、

人間の赤ん坊が生まれたときのかわいさは

何か違いますよね。

ペットのかわいさと人の子どものかわいさはそれはもう違うでしょう。

 

なぜ違うのかといえば、これはもう

 

「赤ちゃんの可能性が嬉しい。」

「赤ちゃんの可能性を祝福したい。」

 

ということに他ならないと私は思います。

今回私が獲得したA点を設定する考え方は、

日常的に常に赤ちゃんが誕生しまくる状態に近いです。

 

なぜなら、この無限の可能性説を採用していると、

誰に会おうが、常に祝福したくなるわけです。

会う人会う人に可能性が無限にあるわけだから、

これはもう赤ちゃんと同じです。

 

私は赤ちゃんに会いまくる人生に突入したわけですねw

 

今回は以上です。

お読み頂きありがとうございました。

 

人気ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂くともれなく

私のブログに10Pt入り、ランクアップしますので、

ご協力ください。ただ、人気ブログランキングの

ページにジャンプしちゃうので、また戻ってきてくださいねw

発達障害ランキング

 

メルマガ「自分の感じ方に正直になる」


メルマガ「自分の感じ方に正直になる」は、発達障害の診断がある人でもない人でも楽しめるメールマガジンです。

・発達障害は千差万別の障害です。
ADHDでもそれほど多動でない人がいたり、
ASDでも空気が読めないというより読み過ぎてしんどくなる人がいたり、
学習障害といっても識字が苦手な人も、算術が苦手な人もいます。

一人ひとり違う障害なのに、統一された支援方法があるはずありません。
個々に合わせて『生き方』『働き方』『恋愛の仕方』『コミュニケーションの取り方』があってしかるべきです。

医師の処方は不安や緊張、テンションの起伏、感覚過敏を和らげます。
カウンセリングは、過去の体験からのダメージを減少させてくれます。
相談支援は、あなたに適切な施設や法律、サービスを教えてくれます。

しかし、上のような機関ではあなた自身の能力を発見したり伸ばしたり
あなたを現在取り巻く「環境」を良くしていくことはできません。

友人や家族は自分の不安や悩みを聞いてくれますが、
発達障害について詳しくありません。

実際に多くの当事者(重度〜グレーゾーン、児童〜中高年まで)と公的にも、私的にも接してきた
NEIの提供する情報は、これまであなたが受け取った情報のどれとも質がちがうでしょう。

明日から10通ほどの「感じ方に正直になる」ためのメールがあなたのメールアドレスに届きます。まずは3日分に目を通してみてください。人間関係やコミュニケーションで一番重要な自信がついてくるはずです。

せっかく発達障害というものを知ることができたのだから、
色んなタイプの情報をたくさん得て自分を知るためのヒントとして活用してみてください。
※登録はもちろん無料ですし、全てのメールに解除リンクがついているので好きな時に解除できます。

【今登録された方限定!】定型発達の人のコミュニケーションをNEIが徹底的に分析し、会社や学校で立ち回る上で圧倒的に楽になれるレポートを無料でプレゼント中!

※携帯キャリアのメール(docomo, ezweb, softbank)やicloud、hotmailはシステムの仕様上メールが届きにくいのでその他のアドレスを推奨しております。