あなたには、
あなたの感じ方がある。
ありのままで生きるために「発達障害の感じ方」を知ろう。
リアルで集まろう!

発達障害で困っている人のための作戦会議レポート

写真NGの人が階段後ろに待機してますw

 

どうも、NEIです!

ずっと告知してきた『発達障害特性で困っているための作戦会議』ですが、

無事開催することが出来ました!

参加して頂いた方ほんまにありがとうございました

 

『発達障害特性で困っている人のための作戦会議』っていうのは、

 

NEIと、「やりたいことで生きていく!」でお馴染みの彩乃ちゃん

YouTubeで発達障害の発信をしてる、馬好きアルフくんの3人合同で企画した

ぞくに言うところの、「当事者会」みたいなヤツです。

 

普段困ってることなんかを、皆に聞いてもらって、

不安感やったり、こんがらがってしまいがちな感情

整理できたり、他の発達障害の人たちがどんな感じ方とか、

考え方をするのかっていうのを知ることで

自分の悩みとか考え方とか、感じ方っていうのが

発達障害由来のものなのかどうか理解できる。

 

みたいな長ったらしい感じの意義・目的みたいなモノも

一応設定はしてたんですけど

まあ「みんなでわいわい楽しみましょう!」

っていうヤツですねw

 

年末の忙しい時期にすごい人数が来てくれました!

 

 

このブログとか、メルマガ、こくち~ずやツイッター、

YouTubeなんかをフル動員しながら、

1か月前くらいから3人でしこたま宣伝してきたんですけど

20名以上のひとたちが来場してくださいました!

 

 

参加した人はどんな人?

 

男女比は7:3くらい、年齢は20~50歳くらいまでって感じで

結構幅広い層の人が来てくれたなって思います。

東京、神奈川が多かったですけど、千葉・茨城・埼玉など

結構遠いところからも来てくれてました。

 

参加者の中には

「当事者会は前から一度行ってみたいと思っていたけど、

今回が初めてです」

っていう人もいたり、

友達に教えてもらって来た』っていう人もいてたり、

3人のうち誰かしらのYouTube動画を見てくれた』っていう人もいたり。

 

発達障害の診断がある人とない人は、

正確に計算したわけじゃないですけど

診断あり:診断なし=7:3

くらいの割合かなって感じでした。

 

中には感情が噴出する人も

 

話した内容はちょっと個々のプライバシーを

守らなアカンので、詳しくは言えないんですけど

テーマ的には「困ってること」っていう設定やったんですけど

みんなめっちゃ笑顔で話が弾んでて、

暗い感じの雰囲気ではなかったですね。

 

一部ちょっと感情が強く表に出てしまった人もいたんですけど、

それってやっぱりある程度心を開いてないと出来ないことやと

思うし、生きてたら誰かに気持ちをぶつける瞬間は絶対誰でもあると思いますし、

それはそれで安心できる空間やったからこそ起こったのかなって思いますね。

 

中には自分の感情をしっかり表現して、

みんなの話を聞いたあとで、

気づきを得たっていう人もいましたし、

 

先に診断を受けてる人がどんな感じやったかとか、

薬とか、医者とか、支援センターの対応とかのアドバイスも

してくれてたりして、

未診断やったり情報が少ないっていう人にも

有意義な情報収集ができたんちゃうかなと思います。

 

テーブル3つに分かれて喋ってたんですけど、

全体的に、

トイレ途中で行くのも難しいくらい話が盛り上がってました。

運営側としては時間区切って仕切らなあかんのに

自分が時間忘れて話し込むみたいな、

失態をおかしていたんで、次やるときはそこらへん気をつけなあきません・・

 

中には同じ学校の先輩後輩やった!

みたいなことも起こってたりしたみたいです。

いや普通にものすごい確率を引き当ててない?っていうw

終わった後聞いて普通にびっくりしましたw

 

 

情報発信特設エリアができた

 

 

結構個人的にビックリしたんですけど、

情報発信(ビジネス)に興味あるっていう人が

思ったよりいっぱい来てくださってたっていう。

 

で、会の後半、情報発信座談会みたいなコーナー

恐縮ながら、NEIがやらせてもらいましたw

 

NEI的に、「情報発信」って、

発達障害の人にとっては、もってこいっていうか、

発達障害の人のために用意されたみたいな武器

やと思って2017年のはじめから主張っていうか、

自分の全てを注ぎ込んできたんですけど

 

あーやっぱみんなその辺に興味持ってはるんやなーって

ことに気づかせてもらえたんですよね。

まあまだ食えてないから何とも偉そうには言えませんけど、

情報発信が発達障害の人が生きて行く上での突破口や

っていうのはNEI的にほぼ間違いないと思ってますからね。

 

自分の発信聞いてもらえるってこと自体、

めっちゃ楽しいし、嬉しいですからね!

 

ちなみに、私が何十万とか何百時間と注ぎ込んできた

ネットビジネスの専門的な話っていうのを

メルマガでやっていく予定にしているので、

興味あればご登録の方お願いいたします。

 

情報発信のコーナーはみんな真剣に話聞いてくれて、

結構盛り上がったんですけど、

 

他のコーナーでもアルフくんの馬の話とか、

彩乃ちゃんの〇〇になるっていう話(言っていいのか

わからんので伏せ字ですw)とか、

盛り上がってたみたいです。

 

次とかはほんまに好きなヤツを熱く語る会みたいなんも

面白いなって思いました。

参加者いるかはわからんけど、全ツッパする!っていうw

 

「社会のニーズとか常識に合わせる」

っていうことをずーっとしてきて、

うまくいかなくて悩んできた3人やからこそ、

自分らのモットーっていうか方針は

「誰がなんといおうとやってみる!」

っていうとこなんかなって、思ってます。

まあ、失敗しても今の世の中死にはしませんし。

 

外野から、誰かがやろうとしてることが

いかに難しいことかみたいなことを指摘するのって

めちゃ簡単やし、言ってみたら誰でもできます

頭ちょっとひねって、否定要素探したら

誰でも一つくらいは絶対に思いつきますからね。

 

でもそういう意見に従って、諦めてしまったら、

あとで後悔することになっても、

その難しさを指摘した人は責任なんか取ってくれへんのですよ。

そもそも他人ですからね。

それは親とか家族であっても例外ではないと思います。

自分のことの責任取れるのは自分だけやと思います。

 

「ああ、あんとき人の言うこと聞いとけばよかったな~」

って言うのか、

「ああ、あんとき自分を信じてやっとけばよかったな~」

って言うのか。

もし後者の方がいいなって思えたら、

周り気にせずいっぺんやってみる精神っていうのが

大事かなってのが、実際飛び出してみて思うことです。

 

 

今回のイベントでそういう勢いみたいなのが

1割でも伝わってたら、すごく嬉しいです。

 

でも中には、このイベントの反省点とか改善点

主催者視点に立ってメールしてくれた人とかもいて、

これからも修正しながら続けていきたいなって

思いました。

 

個人的に、時間配分とか受付とか会場セッティングとか、

甘いなと思った部分は色々あったし、

まだまだおもろくできるなっていう伸びシロを

感じましたね。

 

まとめ

 

こんな感じで、私たち3人(サラブレっていう団体名です)の

初企画はなんとか成功?っぽい感じで終えることができました。

 

私たちは3人とも、

YouTubeとかブログとかツイッターで発信してるんですけど

やっぱり、相手がどんな人なのかっていうイメージが全然わからなくて

言ってみたら

『空気に向かって語りかけてる』

みたいな、そんな気にすらなってくるんで、

 

実際に自分たちの発信をどんな人が受け取ってくれてるんか

っていうのを生で会って話すことですごく

発信自体にも生気が宿ったり熱を帯びてくると思うんですよね。

 

っていうかそもそも、

「自分たちの発信って、

ちゃんと聞いてもらえてるんや!」

っていう気づきがデカかったですw

 

そういう意味では、今回イベントを主催して

ほんまによかったなって思いますし、

多分他の二人もそう思ってると思います。多分w

 

今回は、「発達障害特性で困ってる人のための作戦会議」

っていうテーマでやらしてもらったんですけど、

次はもうちょっと自分たちが喋りたいこととか、

やってみたいことを前面に押し出した企画を

やってみたいなって思ったりしてます。

 

「こんなことやってみたら?」とか、

そういうの教えてもらえるとすごく参考になるんで、

是非メールなりツイッターなりで

気軽にやり取りしていけたらなって思います。

 

今回は以上です。

お読み頂きありがとうございました。

 

人気ブログランキング参加してます

バナークリックするとランキングページに飛び、

このブログにポイントが入りますんで

よかったらクリックしてやってくださいw

人気ブログランキング