発達障害で才能のない人にも価値がある3つの理由【音声付き】

どうもNEIです。

最近、寒いですが、個人的に冬は得意な季節で、厳しい寒さにウオリャァと耐えるのがやる気出がちみたいな若干Mっ気があるのかわかりませんけども、逆に春のフヌケた感じの方が耐えがたいですね。
入学式やらの雰囲気もニガテですね。

新しい環境がそもそも緊張感高くてしんどいのかもしれません。

 

さて、今回は「発達障害で才能のない人」へ向けてのメッセージとなっております。

とは言っても「才能」というのが一体何なのかというところから私は結構世間一般とは違った見方をしているので、一概によくいう「才能」とはそもそも何なのか?というところから入っていきます。

才能のない人にはそもそも価値がないのか?

 


記事のまとめ音声1


記事のまとめ音声2

「発達障害は才能だ」という意見に対して、「たった一部の本当に才能として社会に認められるような能力(絵画とか音楽とか文才とか)を持っている人以外には結局は生きづらい世の中である」という見方があります。

そう言葉にしてハッキリ言う人は少数ですが、当事者の中にはそういった意見を「至極まっとうな意見だ」と採用し、甘んじているというか、諦める理由として便利に使っているような人たちがいると私は感じています。

そういう風な意見というのを持つことには私は反対しません。しかしながら、さも鬼の首でも取ったかのように世の中に向けてそういうことを発信するというのは、一体何の意味があるんだろうかと思わざるを得ないんです。
なぜならばそれらの人たち(当事者が多い)は、じゃあ、その才能ない人は生きづらいと宣言した上で、反論として、「それならば、今才能として認められているような特技やスキルを持たない人たちはどうしたらいいのか?」という問いには具体的に答えられていないからです。

現状を正しく認識する⇒その対策・具体案まで提示する

ここまでやって1セットだと思うわけです。じゃなければ、ただ自分の見識に同調してもらいたいだけの意見であるとしか私には思えないし、それが社会的に役に立つものであるとも到底考えられません。

そういう想いが前提にあって、今回の記事を作成することにしました。「発達障害で才能のない人にも価値がある」と私は信じており、その具体的な方策についても提示させて頂きたいと思います。今回は記事の内容を音声にまとめていますので、耳からの方が情報を取り入れやすいという方はそちらもご利用下さい。

というわけで、ここからは「発達障害で才能のない人にも価値がある理由」を3つ順番に挙げていきます。これらの理由によって、私は一般に才能がないと言われるような人たちの価値があるということを知ってもらい、生き生きと、楽しく、自己効力感を高めて生きていけるきっかけになればと願います。

1/3そもそも磨かれずして輝く才能などない


才能というのは、いわば宝石の原石みたいなものであり、磨いて初めてその魅力・輝きを発するモノです。イチローなんかも当然、幼少期には野球がまあ他の子より得意だった程度で、そこから死に物狂いで、血のにじむような努力を何十年も継続させてきたがゆえにあれほどのタイトルや記録を成し遂げています。

同様に、ピカソだって、ものすごい価格がつくような芸術的作品に至るまでに、確かに絵に対する興味は人よりも突出していたのかもしれませんが、写真のように絵を描く技術などを学び、構図や絵の理論、過去の偉人の作品を学び、これまた死ぬまで70年も80年も継続して作品を作り続けたからこそ、あれほどの歴史に残る作品を生み出せたわけです。

他の、歴史に名を残し人物だったり、作品が高値で取引されるようなクリエイターも常に「自分はこの道で合ってるのだろうか?」という迷いを胸に抱きながら、それでも自分を信じて突き進んできたがゆえに「才能」の種・原石・卵みたいなものをホンモノの「才能」にすることができたんだと思います。

なので、才能ない人には価値がないという言葉への反論として、そもそも

「才能のあるなし」というのは磨き続け、高め続けた先にしか分かり得ないものである

ということは触れておかなければならないでしょう。

2/3そもそも今言う才能というのが江戸時代とかにも通用したのか?

理由のその2です。

そもそも才能っていうものはその時代や場所に限定的なものである

ということですね。つまり、江戸時代には「才能」と言われていたものも、今の時代では「才能」ではないかもしれないし、その逆もまたしかり。というわけです。日本では「才能」である何かも、エジプトとかでは「才能」にはなり得ないかもしれないし、その逆もまたしかり。

例えば、千葉に東京を冠した某ネズミの国があります(権利の関係上名前は伏せます)よね。あそこで売られている付け耳があります。ネズミやらクマやらトラやら色んなキャラクターに扮して遊園地内を散策できる楽しいアイテムです。
あのアイテムというのは、場所によって価値が違います。どういうことかというと、遊園地内ではみんな「耳を付けたいな」と思っても、一旦遊園地を出て、電車に乗ってしまったり、車に乗ってしまったらあの付け耳を付けている必要はもうないわけです(一部の人はずっと付けてたいのかもしれませんが)。
つまり、あの付け耳というのは売られている場所によってその価値は変わってくるということです。これは「才能」にも同様のことが言えます。その『才能』が求められているような場所では価値が高く、そうではない場所では『才能』としては認められないわけです。

3/3「人の目が気になった」とかいう話が売れる時代である

さいごに、3つ目の理由です。

それは、

感じ方(感受性)やストーリー(経験)が求められている時代が来ている

ということです。
感じ方(感受性)というのは、例えば「月に追いかけられているような感覚があって月がいつも怖かった」とか、「教室に入ると周囲の目が気になり過ぎる」とか、「天然塩以外の塩を口にすると舌が痺れる」とか、「すでに知り合い、友人という人とよりも、初めて会った人との方が緊張しない」とか、そういうものです。
そして、ストーリー(経験)とは、
「スーパーに入ると全ての商品や人の動きが気になって、お母さんを見失う。迷子の呼び出しを30回くらいされた。」とか、「頑張って好き嫌い・偏食をやめようと思って色んなモノを食べていたが病気がちだった。開き直って好きなモノばかり食べるようになったら体調が改善された。」とか、そういう感じのヤツです。

感じ方(感受性)も、ストーリー(経験)もどちらも、このインターネットが普及した今とても求められている情報なんです。実際にツイッターなんかでもこういう少数派な感じ方やストーリーっていうのが1万リツイート・いいねとかされているのを見たことがあると思います。

つまり、感じ方(感受性)やストーリー(経験)のニーズが高まっていて、それを売れるようになってきたんです。言ってみれば、感じ方やストーリーが「ひとつの才能」として認められる時代なんです。
実際に「アトピー」「ステロイド使わない」みたいなワードで検索すれば、アトピーを独特な方法で改善させた人のブログなんかがヒットしますが、そういう人はその「アトピーを薬なしで改善させた」ストーリー(経験)でお金を稼いでいます。
才能があろうがなかろうが、社会一般の人と違った感じ方やストーリーを持っているだけで価値があるというわけですね。発達障害の人はかなりの確率で感じ方やストーリーが特殊=スペシャルです。私は、その特殊な感じ方やストーリーが価値として受け入れられる可能性は高いと思っています。

まとめ

今回は、発達障害で才能のない人には価値がないのか?というテーマで掘り下げさして頂きました。
「発達障害で才能のない人にも価値がある」と考える3つの理由として、

・磨かれずして輝く才能などない
・才能は限定的で一時的なものである
・感受性、ストーリーに価値がある時代である

という3つを挙げさせてもらいました。

発達障害でも才能がある人しか活躍出来ないんだ、みたいな情報に触れてしまい「自分はやっぱり何もないしムリなのか」と思ってしまった方に対して、私は以上のように反論したわけですが、だからと言って、今すぐ社会にその価値を知らしめて欲しいとまでは言いません。
ハッキリ言って、その道は大変だからです。自分の価値を高め続ける道は、苦労の連続であり「やってみたらええやん!」と気軽にオススメできるようなモノではありません。

ただ、「自分もどうにかして社会の役に立ちたい」という人に対して、私はメルマガにてその方法や心構えについてお伝えしておりますので、もし興味のある方は無料ですので記事の下にある登録フォームからメルマガを申し込んで頂ければ幸いです。

①「自分に必要ないモノを棄てる力」②「自分が得意なことやりたいことを揚げる力」の二つを合わせた力「棄揚力(きようりょく)」を高めることでマイノリティである発達障害のある人がただ漫然と生きるのではなく、メリハリを持って「活きる」ことができる。この「棄揚力」を最大限に高めるためのメルマガコミュニティを運営していますので、興味のある方は下のフォームよりご登録して頂き、一緒に「棄揚力(きようりょく)」を高め、その先でみなぎる『活力』を感じまくる人生に突入しましょう。

今回は以上です。お読み頂きありがとうございました。

 




「7日間で自分の感じ方に正直になれる!」無料メルマガやってます!

「発達障害」は能力のバラつきがある障害です。それを”弱点”ではなく”自分のよいところ”と捉えなおすことをゴールとして7日間の無料メール講座をやっています(※7日過ぎても無料でメール来ます)。

まず3通だけメールを読んでみて下さい。激的に人生が面白い・ワクワクする方向へ切り替わることを実感できるでしょう。

気になる方は是非フォームに必要事項を記入し、参加ボタンをクリックしてください。すぐに無料メール講座があなたのメールアドレスに届きます!

詳しい運営理念およびNEIのストーリーはコチラ

※いつでも購読は解除可能です。