【TENGAをかぶりコンドームを配るADHD】だてちんさんとの対談【ほぼ18禁】

どうもお待たせしておりました。

この当事者対談企画も第3弾になります。

お相手はだてさんという方で、アダルト業界にがっつりコミットしてはる人です。

どうコミットしてるのか、といいますと、

なんでも街でTENGAの被り物をして、コンドームを無料配布されているそうです。

ちょっと何言ってるのかわからないかと思うんですけどw、

私もあゆちゃんから紹介を受けたときには漏れなく衝撃を受けました

しかしながら、これまた話してみるとすごく色んなことをしっかり考えられる好青年という印象でした。

今後、性的マイノリティやADHDの人に居場所を作っていける人やなと確信を得られた対談でした。

対談ではだてさんのアダルト業界に進もうとされている経緯や、影響を与えられた人たち、自分を変えるために必要な心構え、などに言及しています。

登場人物もテレビに出てる有名人からAV男優から出てきてすごい面白いと思います。

では、今回もボリューミーだったのでページを分割するはめになりましたが、覚悟してお読みくださいw。


当事者対談第3弾スタート!!

NEI
おはようございます。
昨日はありがとうございました!
早速対談始めていきたいんですが、だてさんの好きなタイミングで気軽に返信してくださいね。
Datechin
はい!
これから寝る&バイトなのでかなり遅くなります(T-T)
NEI
了解です!w
NEI
だてさんは大学生っていう今までの対談相手からしても、私が付き合いある人たちからしても、かなり若い部類に入るんですけど私たちのときと障害に対する見方も大分変わってきてるんじゃないかと思っていて、そのあたりについてもだてさんが感じてることっていうのを今回聴いていきたいと思ってます。
NEI
だてさんはADHDということなんですけど、診断というのはついていますか?
Datechin
はい、ついています。
たしか去年の暮れだったと思います。
初めは友達の紹介で家から1時間位かかる遠くの病院に行きました。
その時は「ADHDっぽいですね」と言われて、チェックシートを渡されました。
診断は後回しになったんです。
ただ、もう一度遠くに行くのが面倒臭かったので、そのチェックシートを持って家の近くの病院に行きました。
そしたら「ADHDで間違いないでしょう」と言われました。
とても心が軽くなったのを覚えています。
Datechin
今までずっと時間にルーズだったり忘れ物が多い自分に劣等感を感じていたからです。
Datechin
俺はみんなと違う方法で活躍すればいいや!と思えました。
Datechin
世代によっての障害に対する見方ですが、私は今の時代しか知らないのでよく分かりません。
Datechin
しかし、Twitter等SNSはすごいと思います。
他の発達障害を持つ人(例えばあゆさんとか)と繋がれたり、発達障害への理解を促す投稿が何千何万も拡散されたり、「#ADHDあるある」等と辛い体験を面白おかしく伝えられたり…
Datechin
日常生活では知り得なかった情報を共有出来るのは素晴らしい事だと思います。
NEI
確かに、私も情報発信で食べていこうと思ってますけどSNSとかインターネットによって発達障害の人同士が繋がり始めてて、だてさんの言うように、『面白おかしく』障害特性を共有出来るっていう側面も出てきていますよね。
NEI
それって卑屈だった今までとは明確に違う。やっぱりはじめは卑屈な発信なんやけど、それじゃあ前向きな変化には繋がらないんですよね。
NEI
だてさんの発信っていうのが、まさにその面白おかしさというか、そういうのを秘めてて私は魅力と可能性を感じるんですよ。
Datechin
魅力的だなんて!ありがとうございます。
Datechin
私はマイノリティ(社会的少数な事)をポジティブに発信して行こうと思っています。
マイノリティにはもちろん障害も含まれますし、私の取り組んでいる性の問題も含まれます。
私はどちらかというと性の方に重きを置いていますが。。。
マイノリティって他の人にないものなのにコンプレックスを持ってしまいがちですよね。
そういった方達に少しでも勇気を与えられたらなと思っています。

それが『アダルト業界のTシャツを毎日着る!』という行動に繋がっています(笑)

コンプレックスにまみれた日々と変わり始めたきっかけ

Datechin
実は元々、私自身コンプレックスの塊でした。
遅刻が多い、忘れ物が多い、空気が読めない等内面的な事から、出っ歯、低い鼻、ぽっこりお腹等外面的な事まで。。。
Datechin
そんな私を救ったのがカレーショップ志み津での出会いでした。
Datechin
2年前にカレーショップ志み津という、AV男優のしみけんさんが経営する本格的なうんこ味のカレー屋があったんです(笑)
千歳船橋のビルの地下一階。
扉を開けると汚い公衆便所のニオイ。
出されるカレーはうんこ味。水を一杯飲むには1000円払わないといけない。
そんな地獄のようなお店でしたが、素晴らしい出会いがありました。
Datechin
まず、しみけんさんです。

AV男優というマイノリティな職業に誇りを持ち、「ワキガの女性が好きだ!」「女の子のうんこが大好物だ!」等とかなり特殊な性癖を堂々と語ってくれました。
Datechin
次に、地球少年の篠原祐太くん
幼い頃から昆虫を食べていて、家ではゴキブリやタランチュラを買っています。(普通にウサギや金魚も飼っている)

志み津で出会ったあと、別の場所で昆虫を使ったとっても美味しい料理を提供してくれました。
Datechin
最後に、須藤ひろかさん
カレー屋では入れ違いでしたが、篠原くんの昆虫食イベントで仲良くなりました。彼女はADHDを隠さず堂々と公表していました。そんな彼女こそ私に病院を紹介してくれた友人です。
Datechin
3人との出会いから私はマイノリティはコンプレックスではなく個性なんだと勇気を貰えました。

彼らに会って自分も堂々と何かをさらけ出そう!
そう考えた時に辿り着いたのがエロでした。

NEI
めっちゃおもろいやつを一つの吹き出しに詰め込んできますねww

いや、すごいなぁー読んだだけで今ここで私がパワーもらった。。

NEI
『光り輝くクズ』ことしみけんさんは、私の所属する情報発信コミュニティでもマッスル北村とともにめっちゃ人気あって、鬼のような習慣を持つ人ですよね。なかなかああいう風には生きれない。
NEI
てか直接会ったってすごいなぁー!篠原さん、須藤さんにも俄然興味がわきました。うんこカレーと昆虫は食べたくありませんけど!w
NEI
私自身も家族のカタチとかって唱えてますけど、性の問題は大きかった。フェチとかではないけど、一人の女性に急激に冷めるっていうのを何度も経て自分をめちゃくちゃ責めてきました。一般の結婚観っていうのにかなり苦しめられてきました。
NEI
それがナンパを9年もやってきたことに繋がってるのかもしれないと今気づかされました、ありがとう!!
Datechin
吹き出しなのでかなり削りましたが長文になってしまいました(笑)
大学生活を送らずに他の学生と違う事ばかりやった結果です。。。
Datechin
しみけんさんは本当に超人だと思います。
習慣だけでなく、変態力・トーク力・気遣い力も半端ないです。
しみけんさんと会って、コンプレックスはあるけど傷付きたくない等という変なプライドは捨てて、他の力を伸ばそうと思えました。
Datechin
東京だと以前、月に1回はイベントでしみけんさんと会う事が出来たので、あまりすごくないです!笑

しかし、2年前のどうしようもない自分を見かねてLINEを交換してアドバイスをしてくれたんです。
・「だてちんは断りがちだからイエスと言えるようになろう!」
・「イエスマンって映画がおすすめだよ!」
・「習慣は自信に繋がるよ!」
などです。
しみけんさんのアドバイスは本当に嬉しかったです。

NEI
直接しみけんさんのアドバイス受けたとは。。それをそのまま変わろうというパワーに変えられただてさんもなかなか。
Datechin
須藤さんはとにかく好きな事・楽しい事を沢山経験していました。
360℃カメラを持ち歩いたり、VRのゲームを体験したり、好きなアーティストのライブに足を運んだり…
そしてネガティブな自分にも「あー!こないだイベントで会ったよねー!」「今度篠原くん家行こうよ!」等と明るく優しく声をかけてくれました。
須藤さんを見て、「好きな事と楽しい事を沢山経験すれば俺もポジティブになれるかもしれない!」と思えました。
NEI
須藤さんもADHDなんですよね。ADHDってその気になれば行動力あるし、とにかくいっぱい動けるっていうのはホリエモンも言ってましたね。

Datechin
篠原くんは本当にすごいです。
高2の時に猛勉強して偏差値が50から90に上がって全国模試一位になったり
高3の時に年間1800冊読書したり…笑
大学生になってからは美味しい昆虫食のイベントを沢山開催しています。

その中の虫ラーメンはテレビで有吉さんが食べていました。

テレビにもよく出ていて無人島でサバイバルしたりアマゾンに行ったり、地面に穴を掘って地球とセックスしたりしてました(笑)
同じ大学4年生とは思えません。。。
2年前に出会った時、
「同じ変人でも、行動してる奴としてない奴の差はこんなにもあるのか…」と情けなかったです。
NEI
篠原さんは大学生なんですね。それだけエネルギーがあるっていうのはどういうことなんやろうと思ってしまうw
Datechin
篠原くんとの出会いで私もその気になりました。
まずは何でもイエスと言ってみました。
カレー屋の店長(おぱんぽんさん)に
「今度の俺のイベントにパンツ一丁で参加しろ
お遍路さんを二周してみたら
とかなりむちゃくちゃな事を言われたのですが、両方ともやりました。

次のページへ




無料メール講座やってます!

「自分を社会に適応させよう」

「発達障害を軽減させよう」

ではなく、”ありのまま”の自分でいよう!

「むしろ発達障害を全面にアピールしよう!」

そんな人たちが集まる講座です。

お金・仕事・人付き合い・・・

それらについて正しい知識を得ることで、

自分のありのままを思いだせる!

気になる方は是非フォームに必要事項を記入し、

参加ボタンをクリックしてください。

無料メール講座があなたのメールアドレスに届きます!

詳しい運営理念およびNEIのストーリーはコチラ

※いつでも購読は解除可能です。

講座申し込み特典として
発達障害完全対応コミュニケーションガイド「定型発達が意識している7つの暗黙の了解」を無料プレゼント中!