おはようございます。脇田です。

発達障害の人が9〜17時、週5回、電車にすし詰めにされて働きに出なくても
家とか好きなカフェとかで稼いで生きていくことができる。
そして、その姿を発信して同じような誰かに希望を与えることができる。

そんなことを目指しながら、今後発信していきたいなと思っているんですが
よく僕がセミナーとかで受ける質問の一つが、
「ネットとかで食べていく方法ってあるんですか?」
「アフィリエイトって実際、どうなんですか?」

っていうものです。

みんなすごく漠然と「そういうのできたら、素敵やん?」と紳助さん風に思い描いてはいるんですが
実際には何を売ったらいいのか?とか、アフィリエイトの商品にはどんなものがあるのか?
とか、そういうことを知りません。

結論から言えば、必要なステップは

アフィリエイトの6ステップ

1ブログやSNSを用意する
2商品を見つける
3アフィリエイトセンター(アフィリエイト専用のURLをもらえるところ)に登録する
4ブログやSNSにアフィリエイトセンターでもらったURLを載せる
5売れる
6報酬が自分の口座に振り込まれる

以上です。
で、この6ステップの中で難しいのは、2つだけです。
もう一回6ステップを出しますが、

アフィリエイトの6ステップ

1ブログやSNSを用意する
2商品を見つける
3アフィリエイトセンター(アフィリエイト専用のURLをもらえるところ)に登録する
4ブログやSNSにアフィリエイトセンターでもらったURLを載せる
5売れる
6報酬が自分の口座に振り込まれる

この、赤字で示した2つ。つまり、
・2商品を見つける
・3アフィリエイトセンター(アフィリエイト専用のURLをもらえるところ)に登録する
の部分です。

アフィリエイトを今実際やってる人でも、1クリック5円とか10円とかの広告を掲載して、
「やったー10円入ってるー!」
とかいうことをやっています。

いや、、、何目指してるんですか???

って普通に思いますよね。
5〜10円が欲しいだけなら自販機のお釣りのところに片っ端から手を突っ込んで、
探しまくったほうが早くないですか?

でも、世の中には2000円の商品を買ってもらったら3000円もらえる
みたいな商品が、実際にあります。
(この記事でそれも教えます)

そういうことを知らないから、あなたは漠然と
「アフィリエイトって本当に儲かるの〜??」
みたいなことを、半年も1年も長々と考え続けている。

もうそういう足踏みは、ここで終わらせましょう。いい加減に、前に進みましょう。

まだぼんやりと、足踏みしているのが幸せなんです、っていう人はこの先は決して読まないでください。

しかし、現状を変えたいと本気で願っている人にとっては、
この先に書いてあることは脳天をかち割られるほどの珠玉の情報となることでしょう。

いきなり商品紹介します

ステップは6つありますが、一番のコアのところは、
・2商品を見つける
のところでしょう。

これが見つかれば、稼げるイメージが鮮烈に浮かび上がります。
というわけで、回りくどいことはせずにいきなり商品紹介から入ります。

普通に生きてる人は絶対に出会うことがない、商品をお教えします。

ちなみに、僕は、この商品で物を売るための文章を学び、それを実践して、お金を稼いでいます。

「全て、これ一つで完結する」

というスーパーハイブリッド商品です。

その商品が、こちら。

現代広告の心理技術101

商品価格 1,980円(税込)
&
アフィリエイト報酬 3,000円(税込)

支払い方法

クレジットカード決済

なんと、本ですね。どんな本なのかというと、

「現代広告の心理技術101」

反応を取る広告を作るための本

広告の目的は人に行動させること

この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になる。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめました。

この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

物を売るための文章を学べる本です。

人に情報を提供したり、感動させたりする文章と、
人に行動してもらうための文章というのは、
全く違います。

この本は、消費者の行動心理というものを徹底的に解説しています。

僕らが文章を一生懸命書いて、それを読者が
「この文章役に立ったなぁ〜」とか、
「この文章、泣けたなぁ〜」とか思ってくれたとしても

「さ、日常に戻るか!」
となるだけで、「これ買おう!」とは思わないわけです。

どう書けば、消費者心理を刺激できるのか?実際に行動に移してもらえるのか?
そのために必要な知識が全て詰め込まれている一冊です。

アフィリエイトセンターに登録する

で、この本を購入したら以下のページにアクセスします。

ダイレクト出版アフィリエイトセンター

メールアドレスさえあれば、無料で登録できます。

アフィリエイト用のURLを発行してもらう

次に、アフィリエイト用URLを発行してもらいます。
(だいたいみんなこの辺でよくわからない、となって挫折します。あと少しなので頑張りましょう)

紹介したい書籍を選んで、そのページを表示させるとしたの方に

紹介URL発行画面

こういう感じでURLがあります。

あとは、ツイッターなりFacebookなり、LINEなりブログなりYouTubeなりで

こんな感じでURLを紹介します。

フォロワーさんや読者さんが興味を持って本を購入してくれたら、あなたに報酬が入ります。

2018年12月の報酬一覧

先ほどのアフィリエイトセンターの「報酬確認」のページで売れ行きは常に確認可能です。
(売れたらメールが来ます)

貯まった報酬は2ヶ月ほど後に、アフィリエイトセンターに登録しておいた自分の銀行口座に振り込まれます。

そのお金でもって、
・ポテチを1ヶ月分買おうが、
・新たなアフィリエイト商品を購入しようが、
・飲み屋に行って食いのみ放題を楽しもうが、
・赤十字募金に全額突っ込もうが、
・パチスロのサンドに5分足らずで全額突っ込もうが、

それはあなたの自由です。
個人的には、有効に使って欲しいですけども(笑)。

売れるから行動するし、行動するから売れる

というわけで、アフィリエイトの商品付きで、その全貌をお伝えしました。

これほど簡単なことを実行に移すことができず、
漠然と悩み続けているのは流石に勿体無いと思ったので
全ての裏側というのを暴露しました。

みんなこういうのは表に出さずに商売しています。
この世の中では、「お金を欲しい」っていう気持ちをあからさまに表現すると叩かれる風潮がありますし、
「美しくない」と考えられているきらいがあります。

でも、僕はそういうのを隠されると、なんかすごく怖くなります。
「騙されてるんじゃないか?」っていう気持ちが膨らんできて、
結局行動すべきところでも、行動できなくなります。

でももう、これからの時代は、もっと明け透けに、クリアーにやっていく時代だと思います。
「お金が欲しい」っていう気持ちも、「ビジネスでやっているんだ」ということも、
全部お伝えした上で、それでもフォローしてくれる人たちと一緒に進んでいく。

そのほうが僕自身、気持ちがいいんです。

僕は最近、書籍を2ヶ月以上かけてしたためて、出版しました。
でもそれが売れたとしてもAmazonに65%も引かれます

980円で売っているので、1冊売れても、343円しか入りません。

一生懸命書いて、それが売れて343円。
でもこのアフィリエイトの本が売れたら、何一つ書いてもないのに3,000円。

理不尽だと思いませんか?

頑張ってないのに10倍もの報酬がもらえる。
しかも、一旦URLを公開したら、
自分が風呂に入ってようが、他の仕事をしてようが、遊んでようが、飯食ってようが、
自動的に3,000円がチャリンチャリンと口座に入ってくる。入って来続ける。

僕は就職して、一生懸命に7年間働いてきました。
7年間、自分にできないことがたくさんあるにも関わらず、
健常者達についていくために、つま先でプルプル立ちながら、背伸びして突き進んできました。

そして、このネットビジネスの世界に出会いました。
「なんなのこれ?こんなことでお金もらえんの?今までの俺の頑張りはなんだったの??」
って思いました。ショックでした。

でも、同時に、ワクワクしている自分がいました。

「これがもし、普通になれば、広く世の中に、こういう稼ぎ方が浸透すれば・・・
健常者の働き方なんて真似ずとも僕らは生きていかれる」

そう思ったからです。

“汗水流して、一生懸命に働かなければ生きられない”
“働かざるもの食うべからず”

発達障害の人にそういう言葉が浴びせかけられて、当事者は自分を責めて、
周りに必死に合わせて働いた結果、病院の世話になり続ける。

その現実という名の暗闇に、一筋の光が差した、と僕は感じました。
だからこそ、今までの自分の苦労は全て水に流し、自分がこの生き方を覚えよう。
そして、それをみんなに伝えていこう。そういう意志を貫いてやってきました。

これまで、ネットで発達障害の人たちが発信していくのもたくさん見てきました。
でもみんな生活の問題でやめていきました。
この記事で書いたようなことを知らなかっただけです。

アドセンスやYouTubeの広告や、その他マージンがめちゃくちゃ取られる広告とかを使わされて、
それで全然稼げない、と感じてやめていく。

発達障害の人は、モチベーションの管理がものすごく大変です。
アクセス数やチャンネル登録者数が0のまま、ブログやYouTubeをやり続けるなんていうことは
ほぼ不可能です。

そして、なんの売り上げもないまま、発信を続けていくこともできません。

お金が入った、商品が売れた、ということより大きなモチベーション回復方法は僕が実践した限り、ありませんでした。

感謝されたとしても、どれだけフォロワーが増えたとしても、
口座にお金が入金されることほどのモチベーションアップには繋がらなかった。

なので、まず報酬を発生させる仕組みを作りましょう。
それから発信を始めるなり、続けるなりしてください。

そのために、この「現代広告の心理技術101」を活用してください。
買って、熟読して、モノを売るための知識をつけてください。

そして、モノを売り続けながら、発達障害の人たちのための発信を続けていきましょう。

その道中で、ついでに僕にも報酬をいただき、
そういうモチベーションを与えていただけると、とてもありがたいです。

現代広告の心理技術101

商品価格 1,980円(税込)
&
アフィリエイト報酬 3,000円(税込)

支払い方法

クレジットカード決済

※1,980円は10/31までのキャンペーンですので、それ以降は3,700円になってしまいます。お早めにご購入ください。