どうもNEIです。

発達障害の当事者とこの10年で、1000人以上関わってきていますが、

自分でやりたいことを決めて、それに向かって進んだり

周りに仲間が集まってきたり、

自分の使うモノにある程度こだわってお金をかけたり、

適切な相手と恋愛・結婚に至ったり・・・

っていうことができている人も、なかなかの数、

出会いました。

その共通点ってまぁ結構いろいろあるんですけど

その中でも特にめちゃ重要なところを4つに絞って

ピックアップしたいと思います。

1. 自責的

人のせい、社会のせい、境遇のせい、家族のせい・・・

にしないですね。うまくいってる人って。

誰かのせいにするということは、

『自分に改善点がない』と信じて疑わないっていうことです。

でも普通にうまく行ってないなら、

自分に問題があることの方が多いですよね。

ずっと同じ環境にいるならまだしも、年齢と同じ時間

ずっと一緒にいるのは自分なわけですから

その自分がうまくいってないわけだから

今は一緒にいない人とか、変わっていってる社会とかの方に

原因があるってなぜそう考えるんでしょうか?

意味不明ですよね(笑)

親のせいとかにしてる人は、

ホリエモンみたいな成功者が、

親にボコボコに殴られて育ってきてるっていう事実

から一切目を背けようとしてたりします。

それで「毒親」というキーワードを伝家の宝刀かのように

振りかざしてたりするんですよね。

自分が「毒子」であると周りに言いふらしていることに気付きましょう。

2.関係ないことに首を突っ込まない

自分に関係あること以外・・・芸能人のゴシップとか、

そういうのに全く時間を割かないんですね。

なぜかというと、彼らは『自分の領分』を誰よりもわきまえてるからです。

背伸びして自分を見せないし、必要以上に萎縮したりもしない。

適切に自分を等身大で捉えているわけです。

自分の預かり知らぬ物事人に時間を割いても、

それが自分に良い結果や報酬をもたらさない

っていうことがしっかり分かっている。

でも、うまくいってない人は

とにかく自分に関係ない出来事や人物のことを

ひたすら考えてたりします

自分が死にかけてるのに、他の死にかけてる人のことで頭がいっぱい・・・

みたいな。

普通に考えて、やばいですよね(笑)

3. 自分を卑下しない

なんか1の「自責的」と食い違っているように感じるかもしれませんが、

うまくいってる人は自分を卑下したりはしません。

『自分に原因がある』

とは考えるけど

『自分が悪い』

なんていうことは考えません。

自分が悪いんだ、最低な人間なんだ、

みたいなのはただのヒロイズムに浸っているだけであり

そういう人ほど「改善」をしようという気が一切ありません。

なぜ自分が悪い状態なのに改善しないのでしょうか?

それは『自分は悪い運命だ』と考えているからです。

運命を卑下しているから、

よくなるわけがない、努力が報われない

となるわけです。

うまくいってる人は

『自分は悪い“状態”だ』

と考えており、それが一時的なモノだと捉えています。

だから改善する努力を怠らないのです。

4. Give&Takeマインド

最後に、僕の発信を見てくれてる人の中にもいるんですけど

ずっと無料でサービスを受け取ろうとする人

うまくいく人は『Give&Take』ですが

うまくいってない人は『Take&Take』もしくは『Take&Give』です。

まず何かを与える、そして何かを返してくれる人とだけ付き合う

というのがお金持ちや成功者なので

まずTakeしようとする人はその時点でふるいにかけられてしまいます。

それを知らないから、

今日もまたどこかで無料のサービスに登録し続けているのでしょうね。

『この人から何かを学びたい』

と思い、その人から実際に何かを受け取れる人は総じて

まずお金を払っています。

逆に無料でサービスだけを持ち逃げしようっていう人は

結果的に、その人に振り回されて終わります。

『損して、得を取れ』

という言葉の意味はよく吟味してみる必要があるでしょう。

書籍が出ました!

アスペルガー部下にも響くフレーズ言い換え辞典

Amazonの電子書籍を出版しました。

ツイートもしましたけど、

とにかく当事者というのは社会で浴びせかける言葉に自己肯定感を下げられています。

この本はとにかくそういう言葉が列挙されており、

自分の頭を言葉の洗脳から解除してくれる1冊です。

ぜひ購入して読み流してもらえたら、

読後ものすごいスッキリしてることが体感できるんじゃないかと思います。

というわけで今回は以上です。

人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。より多くの人にブログが届くよう上のバナークリックのご協力お願いします。