勝手に良いものが広まって欲しい。良いことやってるんだから気づいて欲しい。でも勉強するのも、マーケティングやセールスを頑張るのも、背伸びして健常の人たちのフリをしてみるのもやめられない止まらない。その両方を持っていても良いじゃないか。」

発達マーケティング&セールス研(以下、マセ研)は

発達障害の人たちが、マーケティングやセールスをテーマに繋がる

ことを目的としたオンライン上のコミュニティ(グループ)です。

『好きなことをして、それがだれかに価値を与えられること』

いわゆる“好きなことで生きていく”を目指して、現状では避けて通ることができないマーケティングとセールスを、

「みんなでなんとかしよや。」というコミュニティです。

基本的に全て無料でやるので、ぜひこのページを最後まで読んで参加を検討してみてください。

何やるのか気になる人はストーリーとかはカットして、ページ中断以降の「マセ研で提供するもの」にジャンプして読んでください。

なぜ突然、マーケティングとセールス??

「発達障害とマーケティングやセールスに何の関係あんの?」

って思われるかもしれません。

まず、僕が使っているマーケティングとセールスという言葉の定義をしっかり共有しておきたいと思います。

マーケティングとは、自分が立つべきポジションや目指す方向を明確にし、自分の存在を他人に認知してもらうこと。

マセ研における「マーケティング」の定義

セールスとは、他人との関係においてあるモノを自信を持って売り込むこと。

マセ研における「セールス」の定義

ビジネスの話ではない!

この定義から、はっきりとお断りしておきたいのが

マセ研ではマーケティングとセールスをテーマにすると言っても、それはビジネスだけでの話をしているのではない

ということです。

自分の立ち位置をしっかり把握し、他人との違いを認識することも、自分のことを売り込むことも、あらゆる生活シーンで必要になります。

恋愛、家族関係、友人関係、職場での人間関係、etc。

どれも僕らが楽しく生きていこうと思えば避けては通れないことばかりです。

発達障害の人が生きていく上で一番のネック。

そして、マーケティングとセールスは

発達障害の人が最も苦手としており、

かつ、

発達障害の人にとってものすごく必要なこと

であると僕は長い活動と自分自身の人生の中で感じてきました。

発達障害の人たちは、自分の立ち位置が掴めず、自分が与えられるメリットが分からず、自分の想いや意図を相手に伝えられません

すると、自分の役割が分からないし、人間関係ですれ違うし、自分が必要だとも思えなくなる・・・という悪循環に陥ります。

自分をマーケティング&セールスできないことこそが、発達障害者を取り巻くあらゆるトラブルの元凶である。

・・・と言っても僕は過言ではないと思います。

なので、このテーマに絞って、みんなでなんとかしたいと思うんです。

これは反対に考えれば、

マーケティングとセールスさえなんとかなってしまえば、ものすごく生きやすくなるし、人生楽しくなるじゃん!

ということです。

マーケティングとセールスに含まれるモノ

ざっくりマーケティングとセールスと言っても、ものすごく多くの内容が含まれてきます。

マセ研では、自分の人生を楽しく、生きやすくしていくために必要なマーケティングとセールスの分野を網羅していきたいと考えています。

・コンセプトメイキング

自分の他人との違い(特徴)を認識し、その上で他人にとっての自分の存在意義を明らかにした上で、自分が社会に提供するものを定義していく作業。

・プロモーション

自分が何かやろうとした時に、事前に盛り上げるよう周知を徹底していくプロセス。ざっくり言えば、注意を引いて気づいてもらうこと。

・コネクション確立

他人との関係を長く継続していくことで、お互いにメリットを与えあえるようになる。ビジネス的にいえば、「販路の確保」。

・SNSでの立ち回り

フォロワーを増やしたり、たくさんリプをもらったり、ネット上で自分を知ってくれている人たちを作っていくための1対多のコミュニケーション。ブログや動画チャンネルも含む。

他にもたくさんのことを活動の範囲に入れていきたいと思います。

マセ研〜STORY〜

どうも、NEIこと脇田です。

今回、発達マーケティング&セールス研(マセ研)を新たに立ち上げることになりました。

なんやそれ?!って普通に思うところかと思いますんで、以下、立ち上げるにあたっての経緯と、一体マセ研ではどういうことをやっていくのか?僕のマセ研への想いっていうのをお伝えしていきたいと思います。

ネットだけで起業して、今はバイト生活中です。

すごいストーリーを語ろうと思えば、非常に長ったらしくなってしまうのでめっちゃ簡潔に述べます。

公務員を辞めて、離婚してまで自分で独立して食っていくという道を選んだある男がいました。

でも、その前に大きな壁が立ちはだかりました。

「マーケティング&セールス」という壁です。

自分が起業するまで、その男は「本当に良いものやサービスなら勝手に口コミとかが広がって売れていくに違いない」という神話を信じていました。

でも、現実は残酷でした。

知らせないと、知られないし、売らないと売れない。

ものやサービスはいくら自分が良いものを提供していると信じられていたとしても、勝手には売れないし、知られすらもしない。

男は、当たり前の現実を、当たり前に突きつけられました。

もちろん、自分のやっていることをインターネットや、オフラインでのイベント、セミナーなども開き、積極的に知らせてきてはいました。

自分が提供しているサービスを、通話したり、直接会ったりして、セールスも頑張ってきました。

しかし、男は発達障害の傾向が強く、人にオススメしたり、だれかに気づいてもらおうとSNS投稿を繰り返したり、Googleに媚びた記事を書いたり、動画を毎日アップしたり、みたいなことをしなければならないことに、疲れてしまいました。

「勝手に買ってくれよ・・・」と。

ワガママで、甘えているだけなんだろうか?

やりたいことだけに集中していたら、勝手にモノが売れていく・・・

そんな状態を夢見ているなんて、ただのワガママなんだろうか?

そんなことを悶々と考えているうちに、どんどん男のビジネスは窮していきました。

実力はそれなりにあったと思うんです。

SNSでは数千フォロワーを獲得していたし、ブログも月に3万PVくらいまでは行った。ブログランキングでも1位だった時期もあるし、コンサルやセミナー、書籍その他の売上も合計したら100万円は越えていると思います。

でも、軌道には乗らなかった。その結果、今はアルバイトをしています。

アピールしたもん勝ちの世の中、おかしくない?

実際に自分の好きなこと、やりたいことを自分のビジネスに設定し、マーケティングやセールスを必死に学んで食い下がってきて思うことがあります。

あ、ちなみにこの「男」っていうのはもちろん僕なんですけど、

知らせたもん勝ち、セールスしたもん勝ち、みたいなのはおかしいじゃないか

っていう気持ちです。もっと言えば、

「勝手に、何もしなくても必要とされたい」

という強い想いがあったんです。そんな甘くないよ、という自問自答も何回もしましたけど、結局のところ消せなかったんです。

そんな気持ちに足を引っ張られて、前に進むことができなくなってしまったんですね。

でもマーケティングやセールスも学んでみたら楽しい。

でも、ある程度やってきて、実際にサービスが売れるとこまで行ったわけです。

なぜなら、それはそれで結構楽しかったんですよね。

「お、ブログ、今日は1,000人も見てくれたぞ。」

「紹介した本が20冊くらい売れたぞ。」

「セミナーに10人以上も足を運んでくれたぞ。」

みたいに、自分を実際に求めてくれて、購買などの行動に移してもらえると本当に嬉しいんですよね。

自分が勉強したことが、しっかりと実を結んでくれた、というのもとても充実感ありました。

まだ見知らぬ良いものを作る人たちがいっぱいいる。

マーケティングやセールスを学び、実践するのは確かに楽しい面もあるんですが、

発達障害の人たちは、元来、そういうことが苦手な人が圧倒的多数派だと思います。

「自分の作ったものやサービスなんて、売り込んで良いんだろうか?」

と思ってしまったり、

そもそもネット上でもなんでも、

「こっちを見てくれ!」

「気づいてくれ!」

と誰かに話しかけたり、多数のサービスを使ってフォローをしたりいいねをしたりしてアクセスを集めたりっていうこと自体に引け目を感じてしまうんです。

でも、障害特性として「こだわり」があり、自分の好きな分野であればとても高いクオリティで、価値ある商品やサービスを作れる才能を持っている人が多い。

特にマーケティングやセールスが下手な人ほど、生み出す商品・サービスのクオリティは高いんじゃないか、と僕は感じています。

今の時代を乗り切るために、「協力しよう」。

僕自身、かなり勉強と実践をしてもなおうまくいかなかったわけですが、それでも今の時代を生き抜くために、僕らにはマーケティング&セールスの力が必要だと思います。

でもやっぱり、

一人でやり続けるなんて、先行きが不安すぎてなかなか続きません。

だから、みんなでマーケティングとセールスを「なんとかする」っていうこのコミュニティを作ろうと思ったんです。

あくまでも「極める」とか、「学ぶ」とか「習得する」とかではなく『なんとかする』んです。ここは結構こだわりの部分です(笑)。

マセ研で提供するコンテンツ。

マセ研で提供するコンテンツについてお伝えします。

基本的に、参加者の人たちと話し合いながらコンテンツを考えていきたいとは思っているんですが、マセ研の初期では以下のようなものを提供していく予定です。

マーケティング&セールスをテーマとする交流の場。

みんなが自分の学びをシェアしたり、実践報告を自由に投稿できるグループ個別のページを設けます。自分の売りたい商品とか、サービスを広めていくための戦略を一緒に考えることができます

マーケティング&セールス戦略のシェア。

脇田が学んできたWebマーケティング、コピーライティングやコンテンツの作成、セールスに関する情報を順次公開していきます。一応全て有料級のものか、最新の情報のどちらかしか出さないつもりです。あと、使えるSNSツールとかそういうのも出し惜しみなく共有していきます。

「発達障害の人でも実践できるような」という視点を欠かさずやっていきます。

報告会&進捗会&作戦会議

オンライン通話サービスを使用して、みんなであーでもないこーでもない、みたいなマーケティングやセールスの話をしたいです。各メンバーの活動にみんなでアドバイスをしたり戦略を考えたりすることも、考えています。

告知媒体として活用できる場

ページは自分の商品やサービス、イベントを告知してもらっても可能なようにします。ハンドメイドの小物、占いや相談サービス、オンライン&オフラインイベントや勉強会など色んな活動が行われる場にしていきたいです。

オススメのコンテンツ紹介の場

本やゲーム、映画や飲食店、デジタルガジェットなど、こだわっているコンテンツを各々がページ内で紹介できるようにします。

友達に勧めるように、気軽にオススメできる空間になれば楽しいですよね。

マセ研共有ドライブの使用権

動画やPDFレポート、音声MP3など共有できるものはみんなで共有していきたいと思います。

オンライン自習室っぽいZoom部屋

自分のやりたいPC作業とか、資格の勉強とか、作曲とか、漫画を描くとか、ハンドメイドのアクセを作るとか、そういうことをするためにはしっかり自己管理して時間を捻出する必要があります。

その辺りもみんなで協力して、お互いに監視し合えるようなオンライン自習室みたいなものをZoomなどを使ってやっていきたいと考えています。

ゆくゆくは・・・

以上が初期のコンテンツになります。さらに、今後の展望として

  • みんなでYouTubeチャンネルを運営したり、コラボする
  • 得られた知見をパブリックに発信していく
  • 法人化
  • ビジネスや部活の立ち上げ
  • 政府や市議会に発達障害当事者の意見を提出する
  • 健常者やその他のグループとの交流

などもぜひやっていけたら良いなと思っています。

とにかく、小さく収まらず何でもやっていく集団にしたいなと思っています。

なぜこんなコミュニティを作るのか?

上で僕はセールスとかマーケティングを『なんとかする』って言いました。

なぜそんな表現をしたのかと言うと、マーケティングやセールスなんて本質的なことではないと思うからです。

起業してから、というよりは人生全体として、僕はこういう葛藤を抱え続けてきました。

勝手に、何の努力も工夫もなく、必要とされたい」っていう強い想いがあったんですね。

売り込むとか、知ってもらうために目立つことをするとか、自分から告白するとか、なんかそういうのって図々しくて嫌なんですよね。『サラッと求められたい』わけです。

もちろん、お客さんに媚びた商品やサービスを作るとかも嫌でした。でも、自分の中で、

「そんなんただのワガママやん!」

っていう声も常にありました。

勝手に売れるとか、勝手に付き合ってくれるとか、勝手に友達が集まってくるとか、そんなのは相当魅力的だったり金持ちだったり、親のコネがあったり、そういうのがないと無理じゃん・・・と。

だからこそ、ある程度頑張ったわけですね。

でもやっぱり、セールスとか広告はうっとおしい。

でも、マーケティングやらセールスって、本質的じゃないと思うんです。

現に、家にセールスマンが来たりしたら居留守使ったり、面倒臭いなって思いながら断ったりするし、要らないバナー広告を消すために課金をしたりするくらい、そういうのって煩わしいわけです。

実は僕は、マーケティングやセールスは、今後少しずつ消えていくと思っているんです。

グーグルやアマゾン、楽天の広告は、だんだん僕らの興味をちゃんと当ててくるようになっていますよね?そういうAI技術が高度に進化してきている。

だから、いずれは欲しいものが欲しい人にちゃんと勝手に届くようになるんじゃないかと思うんです。だからこそ、それまでの辛抱なんです。

今この時を『なんとかすれば良い』。というわけです。

マーケティングやセールスを学ぶことは本質ではない。

だから、

真剣にマーケティングやセールスを勉強していくっていうのは、無意味だし、僕は本質的なことではないと信じています。

「マーケティング&セールス研」でありながら、それに各々が全力で自分の時間を突っ込むのではなく、

まずは本業・・・クリエイティブな仕事ですね。それに打ち込むことを最優先にやってもらう。

その上で、

今この時に必要になるであろうマーケティングやセールスを、コミュニティで協力し合いながら、なんとかクリアーしていく。

あくまでも、そういうコンセプトで、マセ研はやっていきたいと思っています。

ちょっと言葉悪く言えば、「マーケティングやセールスが全てですよ」みたいに言ってるヤツが嫌いなんです(笑)。

そんなの、いずれなくなるようなモノなのに、必死でやる意味がわかんないでしょ、と。

自分が社会に染まっているからこそ、染まってない人たちと関わっていたい。

で、マーケティングやセールスをクリアー・・・つまり、

「なんとかする」ためには、やっぱり協力するのが一番だと思います。

みんなで考えて、みんなでリンクを貼りあって、お客さんを紹介し合い、ブログランキングとかも協力して高め合い、リツイートとか拡散協力もする。。

そんな風にやれば、そこまでガッツリ、一人ひとりがマーケティングやセールスやを勉強して、ゴリゴリ実践しなくともなんとかなるんじゃないでしょうか?

優等生を目指すのではなく、枠をぶち壊していきたい。

僕は学校を普通に出て、普通の社会人として働き、そこを辞めはしましたが、辞めてからもやっぱり常識的な範囲でマーケティングやセールスや経営やみたいなことを学校みたいに勉強してきました。

せっかく、社会の枠から飛び出したのに、結局誰かの言うこと・・・「マーケティングやセールスを学びましょう」という言葉に従って、新たな枠に収まってしまった。

それが自分の限界だとも思います。ある程度の枠に収まっていないと不安になるんです。気づいたら、誰かに言われた正論みたいなものを自分の中で採用し、振りかざしてしまうんです。

いつものレールみたいなものに乗ってしまう。

だからこそ、発達障害で僕よりももっと破天荒で、めちゃくちゃな人たちと関わりたい。そして、何か生きるための道を一緒に進み、助けられるところは助けたい。

きっとそういうところにこそ、自分の居場所があるんではないかと思ったわけです。

そこにいることで、自分の殻をもっと破壊することができる。メンバー一人ひとりも、そういう状態に突入し、お互いに刺激し合うことができる。

実はそういうことを考えて、このコミュニティを立ち上げることにしたんですね。

とにかく、飛び込んできてください。

まあ、コミュニティができた経緯なんてどうでもいいので、とりあえず無料なんで、参加してみてください。こんなコミュニティは多分この世に存在しないと思いますし、僕以外が思いつくとは思えません。

2020年以降の人生が、絶対おもろいことになるということはお約束させていただきます。

マセ研への参画方法

マセ研の活動は、いずれはオフラインでも色々やろうとは思っていますが今のところはFacebookの会員用ページを使います。

参加は申し込み制にしますので、以下のリンクからFacebookページに飛んで、ページの参加申請をおこなって下さい。

申し込みが受け付けられたら(順次対応します)、ページの内容を閲覧できるようになり、投稿も可能になります。

ファイル共有用のGoogleドライブや、勉強会や自習室のZoomのリンクはFacebookページに順次投稿していきますので、ご確認下さい。

では、お待ちしております。

発達障害があろうがなかろうが、自分のやりたいことをやって、それでいて社会に役立つように生きていきましょう。

そう望むのは、決しておこがましいことなんかではありません。人として生まれた者全てに与えられた権利であり、義務です。

僕らのしんどさが無視されるのであれば、声を大にして伝えましょう。

行き詰って苦しいなら、みんなでシェアしたり助け合ったりしましょう。

絶対に、不可能ではありません。不可能ではないという人たちが集まり、それを信じ続ける限り、どんな可能性の低いことでも事実になると思います。

ぜひ、マセ研に参加してきてください。今がどんな苦境に置かれていても構いません。前向きである限り、拒否することはありません。

それでは、あなたのご参加を心よりお待ちしております。

NEI