やりたいことを仕事にしたい!

けど、立ちはだかる「焦り」「行動に移せない」

完全に消し去るためのコミュニティ

『マセ研』

発達マーケティング&セールス研(以下、マセ研)は

発達障害の人たちが、自分の好きなこと、やりたいことで食べていく

ことを目的として繋がれる“居場所”です。当事者のコミュニティを複数運営してきて、潰してきた僕のまさに「ファイナルアンサー」とも言える居場所。

基本的に全て無料でやるので、ぜひこのページを最後まで読んで参加を検討してみてください。

何やるのか気になる人はストーリーとかはカットして、ページ中断以降の「マセ研で提供するもの」にジャンプして読んでください。

コロナでも1ミリも不安にならない人

コロナの影響もあって、これまでの仕事っていうのがテレワークになったり、そもそも解雇されてしまう人も出てきています。

コロナが起こったことはあくまでも、仕事というものの時代変化を加速させたに過ぎなくて、AIとかが出てきたら消えてしまう仕事が、早めに消えただけだ、とそんなことをたくさんのインフルエンサーたちが言っていたりするのを聞いたことがある人も多いでしょう。

まあごちゃごちゃと背景はありますが、そういうアクシデントが起こったときに「お先真っ暗」感にさいなまれてしまいがちですよね。

このタイミングでこそ、そもそもハンデを持っている僕らにとってはチャンスが巡ってきたと考えられないでしょうか。

今こそやりたいことで食っていく道を本気で模索して良いんじゃないか?

そんな時代が、思っていたより早めに訪れたんじゃないのか?そんな風に捉えてみれば、先行きに対する不安が、未来への希望と変わるはずです。

何をやれば良いのかわかんないです・・

「そもそもやりたいことがわからない」僕自身、ずっとそうでした。公務員として働いて、結婚して子どももできて、「ああ、このまま人生定年くらいまでは安定のコースに乗ったな」と思いながら、「でもなんかつまらないぞ」と感じ続けていました。

結果から言えば、その後、僕は妻も子どもも仕事も親も同時に全て失いました。

それなのに、今は新しい結構幸せです。

やりたいこともなかったのに、今は目的を持って生きています。ただひたすら、親が進めてくれたり、社会的に認められ、責められないような道を歩き続けてただの「優等生」っぽく生きてきたこの僕が、明らかにアウトローみたいになって、やりたいことをやって生きることができるようになったんです。

なぜそんなことが起こったのか?っていうことを、手短に話したいと思います。

「趣味がないからダメなんだ」

日常がつまらなかった僕は、「プライベートを充実させれば良いんじゃね?」と考えて、キックボクシングをやってみたり、マラソンを試してみたり、パンを焼き始めてみたり(パンオショコラとかも焼いてました)、子どもと一緒に仮面ライダーのカードゲームを遊んでみたり、まぁ挙げきれないくらい色々試しました。

でも、いくら試してみてもつまらなさは解消されませんでした。むしろ、どんどん悪化していきました。時々家を飛び出そうかと考えるくらい。

自己啓発的なものもやりました。7つの習慣、ヨガのすごい人のメソッド、筋トレ、瞑想、感謝を書き出す、笑顔でいる、身近な人を褒める、プレゼントをしてみる、食事を変える。まぁ今思えば、かなり色々やってましたね。

でもそういうの、全部大して効果が目に見えなくて、続けることができませんでした。マンネリ化もしますから、ADHD傾向の僕には刺激も足りなかったんですね。

今の仕事に全力で打ち込むんだ、みたいなのもやりましたね。当時就いていた「虐待を受けた子どもたち」のお世話をする仕事や、家での家事や育児にスマホも触らず全神経を集中させて取り組む、的な感じで。

確かに、なんか一瞬は変な雑念がなくなって仕事や家事が楽しくなった気もしましたけど、全然続かなかったんですね。気が散っていくのは防げないというか。

ナンパとビジネスに出会いました。

何をやっても全然変わる感じがしなかったんですが、当時とっていたメルマガで恋愛ものとビジネスものがあったんですが、ニッチもさっちもいかなかった僕はそのメルマガで勧められた「ナンパ」と「ビジネス」。その両方をやってみることにしました。

動機は色々ありましたけど、まぁ一番は「刺激がありそうだな」っていうことに尽きますよね。発信してた人がめちゃおもろかったし、興味深かったっていうのもデカイんですけどね。

妻子持ちのくせにナンパとかどういうこと?っていうのはあると思いますけど、まぁほんまにマジで仕事辞める直前くらいにまでは追い込まれてたので、わらをも掴む思いでという感じでした・・・。今は反省してますけど。

ビビるほど相手にされませんでした

知らない異性にいきなり声をかける「ナンパ」も、

あったことない人に自分の商品やサービスを売る「ビジネス」も、

相手の気持ちのわからない僕にはものすごく厳しいアクティビティでした。興味を持ってもらえなかったら、1秒で無視されます。初対面の女の子に「きしょ」って言われたりもしました。凹みに凹みを繰り返す日々だったなと、振り返ってみれば思います。

でもそんな苦境に耐え忍ぶ日々を数年間・・・僕はある大きな収穫を得ました。

自分を知ることと伝え方が9割。

ナンパもビジネスも、同じような傾向があることに気づきました。

今話している相手にとって、自分は何者なのか?

今どうやって伝えたら、相手に行動を起こしてもらえるのか?

この2点がものすごく大切なことだということに。

これを突き詰めていくことで、反応してもらえるようになり、さらに、一緒にカフェについてきてくれたり、カラオケにいけたり、自分の商品を買ってくれるという事実がついてきました。

まじでそれ自体嬉しかったんですが、それだけではなくて、友人と話す時も、恋人との関係でも、家族関係でも職場の人たちとも、どんな人を相手にしていても以前より圧倒的に反応が良くなったんです。

まあでも、考えてみたら当たり前です。

相手が僕のことを「誰やねん」と思っていて、しかも僕が話していることが「意味不明」かつ「支離滅裂」だったとしたら、そりゃ無視一択ですよね。

「マーケティング」と「セールス」を学ぼう!

「発達障害とマーケティングやセールスに何の関係あんの?」

って思われるかもしれません。

まず、僕が使っているマーケティングとセールスという言葉の定義をしっかり共有しておきたいと思います。

マーケティングとは、自分が立つべきポジションや目指す方向を明確にし、自分の存在を他人に認知してもらうこと。

マセ研における「マーケティング」の定義

セールスとは、他人との関係においてあるモノを自信を持って売り込むこと。

マセ研における「セールス」の定義

ビジネスの話ではない!

この定義から、はっきりとお断りしておきたいのが

マセ研ではマーケティングとセールスをテーマにすると言っても、それはビジネスだけでの話をしているのではない

ということです。

自分の立ち位置をしっかり把握し、他人との違いを認識することも、自分のことを売り込むことも、あらゆる生活シーンで必要なんです。

恋愛、家族関係、友人関係、職場での人間関係、etc。

どれも僕らが楽しく生きていこうと思えば避けては通れないことばかりです。

発達障害の人が生きていく上で一番のネック。

そして、マーケティングとセールスは

発達障害の人が最も苦手としており、

かつ、

発達障害の人にとってものすごく必要なこと

であると僕は長い活動と自分自身の人生の中で感じてきました。

発達障害の人たちは、相手の気持ちを想像したりイメージするのがすごく苦手です

なので、自分の想いや意図を相手に伝えられません

つまり・・・・

自分をマーケティング&セールスできないことこそが、発達障害者を取り巻くあらゆるトラブルの元凶である。

・・・と言っても決して過言ではありません。

なので、みんなでなんとかしたいと思うんです。

これは反対に考えれば、

マーケティングとセールスさえなんとかなってしまえば、ものすごく生きやすくなるし、人生楽しくなるじゃん!

ということです。

マーケティングとセールスに含まれるモノ

ざっくりマーケティングとセールスと言っても、ものすごく多くの内容が含まれてきます。

マセ研では、自分の人生を楽しく、生きやすくしていくために必要なマーケティングとセールスの分野を網羅していきたいと考えています。

・コンセプトメイキング

自分の他人との違い(特徴)をわかること。自分が得意なこと、自分にしかできないことが分かれば、自分がこの世界に何を与えられるのかがハッキリしますよね。

・プロモーション

自分が売りたいものとか、自分自身をアピールするための技術です。ざっくり言えば、注意を引いて気づいてもらうこと。

・コネづくり、人脈づくり

人と長く付き合うための技術。人と繋がるための技術。これがないせいで、発達障害の人の周りからはどんどん人がいなくなっていきます

・SNSの研究

フォロワーを増やしたり、たくさんリプをもらったり、アンチを減らしたり・・・ネット上で自分を知ってくれている人たちを作っていくためのスキルを身につけましょう。

他にもたくさんのことをどんどんやっていきます!

マーケティングやセールスも学んでみたら楽しい。

どうも脇田と申します。ネットではNEIという名前でカウンセリングやコーチングなどのサービスを売って、生計を立てようとしてます。

2017年の11月に公務員を辞めました。そして、

発達障害の人たちが自分のやりたいことをやっていけるような、地盤を社会に築き上げたい」

という想いをもって、起業しました。いわゆる「独立」をしたわけです。

でも、カウンセリングやコーチって世の中にたくさんいます。

そんな中で、

自分を差別化・・・いわゆるブランディング

みたいなことを頑張って勉強しました。

みんなと同じことをやっていても、目立てずにたくさんの似たようなサービスの中に埋れてしまうわけです。

そして、ものすごく頑張った結果、実際にサービスが売れるところまでは、なんとかかんとかいけました。

半年間のコーチング(当時は発達障害の人に向けたコンサルティングと言ってましたが)を15万円〜30万円くらいで売っていました。全然大したことはないんで言うのもお恥ずかしいんですが、全部で100万円強くらいは売り上げを出すことができました。

「ようし、このまま軌道に乗せていくぞぉー」

と当時の僕は調子に乗っていました。

が・・・

全然、続けられませんでした。

売り続けることへのプレッシャー。

僕が売り上げを出し続けられなかった理由が、大きなプレッシャーでした。

  • 「売れなくなったらどうしよう。」
  • 「相手の満足できるサービスを提供できなかったらどうしよう。」
  • 「本当にこんな仕事が自分に向いているんだろうか?」
  • 「売り込んだりしたら、迷惑なんじゃないだろうか?」
  • 「値段が高すぎるんじゃないだろうか?でも安くしたら生活できない」
  • 「本当に今やっていることはやりたいことなんだろうか?」
  • 「売るべきターゲットはこの人たちで本当に正しいんだろうか?」

プレッシャーにやられて、そんなことを毎日毎日考えていました。

そんな状態で、毎日ブログやSNSを更新したり、カウンセリングやコーチングをやり続けたりするのは無理があります。

どんどん仕事ができなくなっていって、現実逃避の時間が増えました。無駄に部屋を掃除して仕事するのを避けたり、必要もないイベントや飲み会に顔を出してみたり、ブログを書いては消してを繰り返したり、カウンセリングでも自信がなくなって迷走し始めたりしました。

マーケティングとセールスがすべての元凶です。

僕がそんな状態になってしまったのも、結局あとになって考えてみたら

マーケティングとかセールスとか

そういうことに頭を使っていた時でした。

「求められるためにどうすればいいんだろうか?」

というようなことを考えてばっかりいると、ものすごく疲れてしまうんです。

これは、発達障害の人のほとんどに当てはまることだと思います。

「買ってもらえませんか?」と誰かに声をかけたり、SNSでこちらから頑張ってフォローをたくさんしたりいいねをしたり、YouTubeやブログを毎日更新したりっていうようなことをしていると鬱になってきてしまうんです。

それでは、本来やりたいことをやりたいと思って始めたのに、

本末転倒

になってしまいますよね?

今の時代を乗り切るために、「協力しよう」。

僕自身、かなり勉強と実践をしてもなおうまくいかなかったわけですが、それでも今の時代を生き抜くために、僕らにはマーケティング&セールスの力が必要だと思います。

でもやっぱり、

一人でやり続けるなんて、先行きが不安すぎてなかなか続きません。

だから、みんなでマーケティングとセールスを「なんとかする」っていうこのコミュニティを作りました。

みんなで協力すれば、モノを売って生計を立てていくことへのプレッシャーはきっと数分の1になるはず。

ぜひコミュニティに入って、楽しくみんなでワイワイしながら自分のやりたいことで食べていくために一緒に頑張ってみませんか?

マセ研で提供するコンテンツ。

マセ研で提供するコンテンツについてお伝えします。

基本的に、参加者の人たちと話し合いながらコンテンツを考えていきたいとは思っているんですが、マセ研の初期では以下のようなものを提供していく予定です。

マーケティング&セールスをテーマとする交流の場。

みんなが自分の学びをシェアしたり、実践報告を自由に投稿できるグループ個別のページを設けます。自分の売りたい商品とか、サービスを広めていくための戦略を一緒に考えることができます

マーケティング&セールス戦略のシェア。

脇田が学んできたWebマーケティング、コピーライティングやコンテンツの作成、セールスに関する情報を順次公開していきます。一応全て有料級のものか、最新の情報のどちらかしか出さないつもりです。あと、使えるSNSツールとかそういうのも出し惜しみなく共有していきます。

「発達障害の人でも実践できるような」という視点を欠かさずやっていきます。

報告会&進捗会&作戦会議

オンライン通話サービスを使用して、みんなであーでもないこーでもない、みたいなマーケティングやセールスの話をしたいです。各メンバーの活動にみんなでアドバイスをしたり戦略を考えたりすることも、考えています。

告知媒体として活用できる場

ページは自分の商品やサービス、イベントを告知してもらっても可能なようにします。ハンドメイドの小物、占いや相談サービス、オンライン&オフラインイベントや勉強会など色んな活動が行われる場にしていきたいです。

オススメのコンテンツ紹介の場

本やゲーム、映画や飲食店、デジタルガジェットなど、こだわっているコンテンツを各々がページ内で紹介できるようにします。

友達に勧めるように、気軽にオススメできる空間になれば楽しいですよね。

マセ研共有ドライブの使用権

動画やPDFレポート、音声MP3など共有できるものはみんなで共有していきたいと思います。

オンライン自習室っぽいZoom部屋

自分のやりたいPC作業とか、資格の勉強とか、作曲とか、漫画を描くとか、ハンドメイドのアクセを作るとか、そういうことをするためにはしっかり自己管理して時間を捻出する必要があります。

その辺りもみんなで協力して、お互いに監視し合えるようなオンライン自習室みたいなものをZoomなどを使ってやっていきたいと考えています。

ゆくゆくは・・・

以上が初期のコンテンツになります。さらに、今後の展望として

  • みんなでYouTubeチャンネルを運営したり、コラボする
  • 得られた知見をパブリックに発信していく
  • 法人化
  • ビジネスや部活の立ち上げ
  • 政府や市議会に発達障害当事者の意見を提出する
  • 健常者やその他のグループとの交流

などもぜひやっていけたら良いなと思っています。

とにかく、小さく収まらず何でもやっていく集団にしたいなと思っています。

マセ研への参加方法

マセ研の活動は、いずれはオフラインでも色々やろうとは思っていますが今のところはFacebookの会員用ページを使います。

参加は申し込み制にしますので、以下のリンクからFacebookページに飛んで、ページの参加申請をおこなって下さい。

※今後、審査が必要になる可能性があります。今なら誰でも許可していますので、参加を考えている場合、早めに申請しておくことをオススメします。

申し込みが受け付けられたら(順次対応します)、ページの内容を閲覧できるようになり、投稿も可能になります。

ファイル共有用のGoogleドライブや、勉強会や自習室のZoomのリンクはFacebookページに順次投稿していきますので、ご確認下さい。