どうも脇田です。


発達障害の人の特性として、
『人にお願いをしたくない』
っていうのがある(と思う)。


ちょっとお茶入れて、とか、ワードの使い方がわからないんですけど、教えてもらえますか?とか、肩がこったから揉んでくれませんか?とか。


自閉症児の療育の中には『HELPを出せるようになる』っていう目標を立てることが多かったりするんやけど、
確かに人間として人にお願いできないっていうのは、なかなかに“致命傷”っぽい。早期に改善すべきだ、と思ったとしても無理はない。

そもそも人は一人では生きられない。
無人島で自給自足の生活でもしない限りは、常に誰かに支えられて、僕たちはサヴァイブしているわけです。


『人に頼みごとができない』
っていうのを何とかしようと思った時、考えられる作戦としては
1 できるだけ頼まなくていいように強くなる。
2 頼むということをトレーニングする(コミュニケーション力を上げる)。
という2つがパッと思いつく。


1 は自力で生きていく、という方針。
お金があれば頼まなくてもサービスや物を「購入する」という形で、頼みごとはしなくてもよくなる。
お茶を入れて欲しいとかはメイドみたいなのを雇えばやってくれるだろうし、
肩がこったら「てもみん」とかに行けばいいし、何か物が欲しい時はアマゾンプライムで注文すれば良い。
金の力に物言わせ、自分の生活から「頼まなければいけないこと」をことごとく排除する生き方。
まあでもなんか寂しいよね、普通に。っていう。


2 は他人と協力するためのスキルを培い、身に着けるという方針。
とにかくHELPを出しまくって、適切な言い方だったり頼み方っていうのを学んでいく。
『それが人に物を頼む態度か?』
みたいなことを言われてもめげずに、人にお願いすることを極めていく生き方。
これなら人と繋がって生きていけるし寂しくはなさそうだ。
ただしかし、能力にバラつきがある当事者は、オールマイティーに色々できる人たちに比べてお願いしなければならない機会は圧倒的に多いはず。
なので、
お願いしなければいけない数が、人にお願いされる数に比べても多くなってしまうことが予想できる。
とにかくへこへこしないと生きていけないように思われる。
へこへこするのが上手いやつが生き残るようになっていく。


上に挙げた二つの方針は、僕はどっちも違うと思う。
僕が思う理想的な状態っていうのは


「頼みごとをしなくとも、人と繋がりながら生きられる」

っていう第3の方針だ。

具体的には、
お茶を取って欲しいと口に出さずともお茶が出てくるし、
感謝を言葉にしなくとも相手に感謝が伝わるし、
頭を下げてわざわざお願いしなくても自然に助け舟が来る。


そういう状態を目指すというもの。


・・・いやめちゃくそわがままやな・・?
って思うのが普通やと思うんやけど、それを目指す必要があるんすよね。


『頼みごとができない』
っていうのが、人として失格なヤツだからできない。
そういう風に思われているけど、それがもし
発達障害の特性であるがために出来ないとしたら、
上で挙げた1と2の方針で、当事者が生きていこうとする限り
どちらの場合でも『人として失格なヤツ』っていうのを認めることになる。


1なら、『人として失格だから、一人で生きる力を身につけるしかない』
っていうことやし
2なら、『人として失格だから、自分を修正していかなければいけない』
っていうことだ。


僕の提案する3は、
『頼みごとができないっていう障害がある人も、生きやすい世の中になっていくべきだ』
っていうことを示すための方針なんよね。


それを示さなかったら、『人に頼めない』っていう障害について、誰も気づいちゃくれない。誰も考えたり配慮したりしない。


足がなくて歩けない人でいえば、
1は足がなくても移動させてもらえる人を雇えるだけの金を稼ぐ、
2は足がないから移動させてもらえるように周りの人たちにお願いして運んでもらい続ける、
という感じになる。



でも今の世の中で足がない人はそんなことをしていない。


適切な用具やサービスなどを使って生きている。


なぜそんな用具やサービスが登場してきたのかといえば、
足がないからと言って、一人で生きようとしたり、人に頭を下げざるを得ないと諦めなかった人がいたからやん。


当事者が自分を修正したり、卑下して開き直ったりせずに
『世の中が変わるべきだ』
と信じて行動してきたからやん。


傲慢とかわがままとか言われても、やっぱり世の中の方が変わるべきだと思う。
精神論じゃなく、どんな特性を持った人でも生きやすい世の中に進化していくべきやと思うからこそ、
今は誰かがわがままと思われるような生き方を示さなくっちゃあいけないと信じる。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。より多くの人にブログが届くよう上のバナークリックのご協力お願いします。

書籍がKindleUnlimited対応になりました!

10月に出版した「受け身型アスペルガー10の特徴」、
大変ご好評いただいており、
「1000円でも安いです!」「特に3章がすごい!」
など色々と感想も寄せていただいております。

今回、KindleUnlimitedというAmazonの読み放題サービスに
登録されました。
KindleUnlimitedは書籍200万冊が読み放題になるそうなので、
この機会にぜひ無料体験(30日間)して、僕の書籍を無料で
読んでみてはいかがですか?

書籍のページはこちらから