習慣を続けるのが難しいというASDの人は多いです。

しかし、続く習慣も実際にはあったりします。

これってこだわりなの?と一瞬思ったりもしますが、

確かにそれもありますが別の理由があったりします。

今回はその辺りをお話ししていきたいと思います。

良い習慣が続けられない

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサの名言より

こんな言葉があります。習慣というのが性格を形作っていき、それがゆくゆくは運命にすらなると・・・。

まぁマザーテレサが言ってることなんで、本当かどうかはわかりませんが、実感としても習慣が変わった時には少なからず性格も変わっていくように思われます。

「じゃあ良い習慣を作りたいと思ったら、良い思考から頑張って身につける必要があるのか?」

って思いがちですが、そもそも良い思考をどうやってするのかは教えてくれていません。世の中腹が立つ人もいますし、暗いニュースも多いし、がんばってもうまくいかない時もあります。

こんな世の中でいつも良い思考をするなんていうのは、とてつもなく難しいと言わざるをえません。

てか、良い思考をするのも結局「習慣」じゃね?

っていう話ですよね。

良い思考をする癖がついてないと、すぐ悪い思考が出てきます。

ということは良い思考をするための習慣が身についてなければ、良い思考もできません

っていうことはつまり、「習慣」こそが「運命」を作っていくということです。

良い習慣に納得できない!

  • カレーの肉と野菜はまず炒めると美味しいよ!
  • 宿題は帰ったらすぐにやるように。
  • あらゆるスポーツの基本は足腰だ。
  • 早起きは健康的だよ。

まぁあげ出すとキリがないですが、やった方が良さそうなことってたくさんありますよね。

でもASDの人は、「そもそも、なんでそれがいいの?」って思ってしまうことがちょくちょくあります。

「良いから良いんだよ、とりあえず騙されたと思ってやってごらん」

と言われても、納得できないと行動に移せないんです。

たとえ行動に移せたとしても続かない。

せっかく誰かが良いアドバイスをくれたとしても、それじゃあ意味がないですよね。

自分の中で納得できないと続かない!

発達障害の人は、見えないものをイメージする機能が弱いです。

今この場に存在しないものを認識しづらいんですね。なので、

上で挙げたような『良い習慣』を続けるためには自分の中での納得感がなければいけません。

実際に、それは本当に必要なのか?本当に効果があるのか?

ということを他人に言われただけでは納得しにくいんです。

つまり、自分の体験として理解するとか、

自分だけにしか通用しない、独自の解釈で理解する

といった過程が必要になってきます。

対策

ではどうやれば自閉傾向のある人が良い習慣と思われるものを続けていくことができるのでしょうか?

・「続ける」⇄「やめる」を繰り返す。

「関西人しかわからない551が“ある時”と“ない時”」

良い習慣を実際に試してみて、効果があるのかどうか確かめる方法です。

例えば、ランニングという習慣であれば

2週間くらい続けてみて、そのあと2週間あえてやめてみる。

それで体調や精神状態などの変化を感じてみる。

すると、ランニングの効果というのを自分なりに理解することができ、必要性を確認できるようになります。

その上でその良い習慣を続けるかどうかを判断すれば良いということですね。

せっかく定着したのに、やめるなんてもったいなくない??

と思うかもしれませんが、効果を実感できていないと結局はやめてしまいます

なので、遅かれ早かれやめるのであればあえて自分からやめる期間を作ってしまった方が自己肯定感も下がらないのでオススメです。

まとめ

今回は「自閉傾向の人が良い習慣を続けられないワケとその対策」というテーマで、

・良い習慣の効果を自分なりに実感したり、自分だけの解釈をすることで続けやすくなる。

ということ、及び

・あえて習慣をやめる期間を作ってみる

という対策についてお伝えしました。

誰かが良いと言ったとしても、自分の中にストンと落ちるものがないと私たちは納得できず、どんなことであっても取り入れるのが難しいです。

しかし、一度入ってしまえば健常者では考えられないほど長く続けられることもままあります

そうなれば、習慣が性格や運命を大きく変えてくれるということも現実味を帯びてくるはずです。

今回は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

新刊がもうすぐ出ます!!

前作「受け身型アスペルガー10の特徴」、「発達障害が仲間外れにされるワケ」に続く第3弾の書籍がいよいよ出来上がりそうな感じになっております。

今回は3作目ということもあって、より洗練された作品になっていますのでぜひ出版されたら読んでみてください。他の本では絶対言ってないだろうことを満載しております。

出版されたら、またブログやLINEの方で告知させていただきます。

人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。より多くの人にブログが届くよう上のバナークリックのご協力お願いします。