2021年大雪による立ち往生の様子

2021年に入り、大雪だったり緊急事態宣言だったりと早速混乱が続いておりますね。

しかし、これは別に驚くことではありません

振り返ってみれば、2020年はコロナウイルスのパンデミックを火切りに、

オリンピックの中止、アメリカでの黒人虐待に反する暴動、ファーウェイの締め出しや、中国による香港併合に向けた動きが加速し、日本の領海にも頻繁に侵入を繰り返したりしてきました。

身近では芸能人が立て続けに亡くなったり、事務所から独立ラッシュが起こったり、大手の事務所の圧力や取り巻きの人たちの忖度が取り上げられたり・・・

などなど、「世紀末か?!」と思うほどに、加速度的に世の中が変化してきていることについて、もはや疑いの余地もありません。

これらの動きは、あくまでも表面的に見えているごく一部です。

その下には大きな氷山が潜んでおり、その氷山が見えていないと1つ1つのニュースに一喜一憂させられ、いいように踊らされるのがオチです。


一度、大きな枠組みでこの騒乱の時代を捉え直してみるために、今回は記事を書くことにしました。

というのも、やはり発達障害の人たちは

  • 変化に弱い(見通しが持てないことによる不安が強い)
  • ニュース等に大きな影響を受けやすい
  • 不安や心配から頭を切り替えることができない

というような特性を持っているため、少しでも全体を把握するお手伝いができればと考えてのことです。

もちろん、一個人の一つの捉え方でしかありませんので自分で考える一つのきっかけにしていただけたら幸いです。

+—+—∽—+—+—+—+—∽—+—+—+—+—∽—+—+—+—+—∽—+—+—

「個」の時代がやってくる

アメリカであれば移民などの締め出し、各国に散らばっている軍隊拠点の撤収などを現在行っております。

中国は、台湾、香港、ウイグル、日本、韓国などに対し一帯一路の戦略を展開し、東の全てを中国の一部にするべく動いており、すでにWHOでさえもそれに忖度しているような状況です。

2大国の動きに加え、イギリスはユーロからの独立を進めています。

大きな意味で、ナショナリズムの現れですよね。

つまり、『自国優先主義』になっていくことがわかります。

自国のことは自国で全て完結させる

という意志が反映されているわけです。

習近平氏の一帯一路構想

自治体レベルでも、「都構想」・・・というのが大阪で問われましたね。

否決こそされましたが、これは都道府県知事が力を持っていく一つのきっかけに過ぎず、

実際に今回の緊急事態宣言はどうでしょうか?知事の主導であり、国は知事の判断に身を委ねました。国が都道府県の後追いをしているというのは、

『自治体の判断で自治体のことは全て完結させる』

という流れが見てとれます。

ミクロな視点で言えば、個人での芸能人の独立やYouTube開設ラッシュなどは、『自分優先主義』であることがわかります。

つまり、

“自分のやりたいことを、自分で完結させる”

個人でも、まちがいなくそういう流れが来ています。

自治体でも、国家でも、起こりつつあるということです。

陰謀なんてなくとも生まれる「全体の流れ」

ざっくりと、『コロナ』大変だ

とか思っているだけではこのような全体的な傾向を捉えることはまずできません。

むしろ、コロナなんていうのは些細なことでしかなく

本当に重要なのはその裏で発生しつつある人類の変化の流れでしょう。

と言っても、僕は陰謀論とかはただの遊びというか趣味趣向の一つ

程度にしか捉えていません(怖い話をして夏に涼むような感覚です)。

陰謀だとか、誰か個人的なグループ一つが動かしていることだとか

そんな単純に理解できる話ではないわけです。

もしそんな陰謀だとか何だとか言っている人は言葉悪いですけど、

目を覚ましてくださいね。

都市伝説みたいなものには一定の特徴があり、人の行動を左右するだけのトリックが散りばめられています。

(ex)誰にでもできる対策が含まれている、等

ありましたよね、お湯を飲めばコロナに強くなる、みたいなやつ。

お湯を飲む」っていうのは誰にでもできる対策ですよね。

そこを見た時点で、ある程度わかってる人は95%デマだとわかるわけです。

反対に、疎い人はこういったトリックに全く気づくことができません

陰謀については、ちょっと種明かしし始めたらものすごい字数になってしまうんでここではやらないですけどね。

ただ、情報弱者を減らしていきたい

というのも僕のミッションの一つではあるので今後も役立つ情報を発信できたらと思います。


ちょっと脱線しちゃいましたけど・・・

陰謀らしい陰謀みたいなものはないにしても、

全体の流れっていうのは必然的に生まれてしまいます。

仕掛け人なんかが存在しなくても流行とかってありますよね。今で言えば鬼滅の刃とかでしょうか?笑

誰かが意図しているかどうかに関係なく、なんか偏りみたいなものが生まれて、その偏りが雪だるま式にどんどん膨らんでいって、しまいにはすんごいデカイ塊になる・・・みたいな。

「台風」なんかもそういう感じです。

あんなでっかい風の塊が誰も意図することなく生まれるわけです。

つまり、台風は自然に発生します。

これと同様、

全体の流れのようなものも誰も意図しなくても生まれてきます。

その全体の流れが、さっき触れた

自分のことは自分で完結させる

というものです。

2021年4月にあることを始めます。

そういう全体の流れを受けて、

どう考えたってチャンスが来ているとしか思えないわけです。

発達障害の人は、とにかく他人との関係を築いていくのが苦手です。

例に漏れず、僕自身とても苦手で、すぐに友人との縁とかを切ってしまいます。

まぁ、切ったことに何の後悔もないんで、それはいいんですけど

そういう発達障害の人は、先ほどの全体の流れ・・・

自分のことを自分で完結させる

っていう新しい時代にものすごく適していますよね。

なので、そういう自己完結型の人たちをどんどん世に送り出していきたい

ということを考えています。

自己完結型になることで、煩わしい他人からの干渉はまったく受けなくなります。

また、干渉を受けないことに加えて

対ウイルス(コロナとはあえて言いません)にも非常に強い人間になります。

なんていっても出社したりとか、大人数でいる必要がなくなりますから。

ロックダウンへの耐性ができるわけです(僕も今回他の人よりはかなり快適に過ごしています)。

そういう人たちが世に生まれてくる助けとなるためのモノを現在計画しておりますので、ほんまに楽しみにしといてもらいたいなと。

というところで、今回は長くなってきたので終わりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は、

そうなるために、

『最低限必要な能力』

というのが存在するわけですが、その辺りについて詳しくお話ししていきます。

人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。より多くの人にブログが届くよう上のバナークリックのご協力お願いします。